ほんごさとこ@スモーキーヴォイス#012

卵掛御飯のシゴト~ほんごさとこ@スモーキーヴォイス14
2018/03/24(sat) テレビ神奈川 27:00~27:15
ほんごさとこ@スモーキーヴォイス#012
27:30からはYouTubeで
温故知新

チェット・ベイカー

伝説的なトランペッター兼シンガー。
同じトランペット兼シンガーというと、ルイ・アームストロングが思い出されますが、歌声に関してはルイとは正反対のタイプで、その澄んだ歌声は「中性的」と言われました。
トランペットの実力もかなりのもので、チャーリー・パーカーも認めていたほどで、1952年から1953年にはチャーリーのバンドでも活躍しました。
1954年に録音された「チェット・ベイカ・シングス」で彼の歌声が爆発的に人気を博し、その中の曲「マイ・ファニー・バレンタイン」はこの曲の代表的なカバーといわれています。
彼の歌い方にジョアン・ジルベルトが影響され、ボサノバの誕生の一因になったといわれています。
1950年代なかばには、時代の寵児となり、あのマイルスをもしのぐ人気を誇っていました。
しかしその後ドラッグがらみのトラブルが絶えず、生活保護、アルバイト生活など、不遇の時代を過ごしました。
1973年に復活してからは活動拠点をヨーロッパに移しましたが、最後はアムステルダムのホテルの窓から転落するという謎の死をとげました。
彼の死後公開されたドキュメンタリー映画「Let’s get lost」は、アカデミー賞ドキュメンタリー部門にノミネートされました。
BGM
My Funny Valentine
That Old Feeling
ライブ
I remember you / ほんごさとこ
I remember you / Victor Schertzinger / Johnny Mercer
注目のアーティスト

桑原あい、 PUSHIM + 韻シスト

ほんごさとこ@スモーキーヴォイスは
YouTubeの 、Y2FACTORY Inc. ワイツーファクトリーチャンネルでもご覧になれます。
ほんごさとこ@スモーキーヴォイス
提供:ワイツーファクトリー株式会社
出演:ほんごさとこ(ヴォーカル/MC)、二村希一(ピアノ)、高尾幸宏(ベース)
構成:卵掛御飯 演出:山路隆俊 撮影:九社王次三 照明:白井彩乃 録音:昼田純一
編集:山路禮照 スクリプト:戸益礼子 ミックス:DJ Tommy 仕上げ:東京オフラインセンター
録音助手・映像技術:加藤淳一 撮影協力:銀座Dream 協力:松田敏(ユニバーサルミュージック合同会社)
制作補:昼田純一 プロデューサー:山路隆俊
エグゼクティブ・プロデューサー:サウスフィールド
制作:有限会社ジェイズミュージック 有限会社エフ・オーディエンスネスト

音楽事務所のオヤジのブログ。子供のため、大人のための食育レシピや美味しいレシピ、エッセイ、ティップス、etc…

Scroll Up