「dietary education」タグアーカイブ

至便の食育ワンプレート〜0麺で

至便の食育ワンプレート〜0麺で
我が家は、夫婦二人暮らしでユル〜イ糖質制限中。二人暮らしだとワンプレートものが、作るのも洗い物も、とっても便利なのでよく作ります。今回は丼もの風に盛り付けました。
食材(2人分)
アボカド1ヶ、玉葱1/4ヶ、パプリカ1/4、胡瓜1/2、ミニトマト2〜3ヶ、大葉3枚
0麺1パック、鶏のささ身1枚、ゆで卵1ヶ、オリーブオイル、塩・胡椒・万能ハーブミックス適量
a_マヨネーズ大さじ3、ヨーグルト大さじ2、煎り酒大さじ1、レモン塩小さじ1/2、シークワーサー(レモン)果汁小さじ1

作り方
1.鶏ささ身を茹でます。鍋に水をはり、強火で沸騰させて、鶏ささ身を投入、すぐに火を止めてフタをして7分蒸らします。0麺はザルにとり、流水で洗い水気をよく切ってオリーブオイル大さじ1で和え、塩・胡椒で味を整えておいてください。
2.食材を切ります。玉葱、パプリカは薄くスライス、セロリは葉の方から2〜3mm幅くらいにざく切り、胡瓜は1/2本を縦半分に切って、種があるところをスプーン等で削ぎ取って縦斜め2~3mm幅くらいにスライスして下さい。トマトは1/4にカットしてボールに入れておいて下さい。
3.a_を良くかき混ぜておいてください。
4.2のボールに手で割いた鶏ささ身、ゆで卵を入れ、オリーブオイル大さじ1、塩・胡椒をひとつまみ、シークワーサー果汁をかけてザックリと和えます。

5.4に3を投入して、よく混ぜてください。

6.アボカドは1cm幅くらいにスライス 、味を整えてある0麺をお皿に盛って、全体に万能ハーブミックスをふりかけ、手で千切った大葉をあしらったら出来上がりです。

*煎酒はなかったら薄口醤油でOKです。
*レモン塩はなかったら普通のお塩でOKです。

季節外れの栗ご飯

季節外れの栗ご飯

あぁぁ…、栗ご飯が食べたい。旬じゃ無いのは判ってはいるけれど、あぁぁ…、どうしても栗ご飯が食べたい。
ので、冷凍栗を使って食べちゃいました。美味かったぁ。
食材
米1合、もち米2合、冷凍栗1袋、油揚げ2枚、食育水出汁(炊き込み3合の目盛りまで)、ごま塩適宜
a_調味液
レモン塩小さじ1と1/2、酒大さじ1、味醂大さじ1、食育醤油大さじ1
作り方
1.お米ともち米を研いでザルにあげ15分くらい置いておきます。
2.その間にお揚げさんを、お魚グリル等で両面焦がさないように炙り、細く刻んで下さい。
3.a_をボールに入れ、レモン塩が溶けるまでよくかき混ぜてください。
4.1を炊飯機に入れてから、まず3の調味液を入れます。次に食育水出汁を炊き込み3合の目盛りまで入れ、軽く混ぜてください。
5.冷凍栗を冷凍のまま投入、最後にお揚げさんを入れて、炊飯モードを炊き込みにして炊きあげます。ごま塩をあしらって出来上がりです。 
*炊き込みモードがついた炊飯器で炊きました。
*水加減は炊飯器によって多少の加減がありますので、お使いの炊飯器に合わせて加減して下さい。
食育水出汁がない場合はお水でOKです。
レモン塩がない場合はお塩でOKです。
食育醤油がない場合は薄口醤油でOKです。

食育玉葱酢

食育玉葱酢

私は血がサラサラになる、だなんて謳われると、何はともあれ試してしまう年頃です。
玉葱の硫化アリルという成分が、血をサラサラにする効果が期待できるとのこと。そしてもうひとつの注目成分がケルセチン。これは、抗酸化作用が強い成分の一つで、悪玉コレステロールを減少させてくれる効果が期待できると云われています。 一方、お酢の効果もたくさんあって、抗菌効果、疲労回復、カルシウムの吸収促進。またお酢の主成分酢酸は、高血圧の血圧低下、食後の血糖値の急な上昇を緩やかにすることが期待できるとのこと。
むむむっ、このコラボは最強ですね。
血も心も汚れてしまった私にはうってつけの常備菜です。
-食材-
玉葱中1個(約200g)
お酢大さじ5( 米酢、黒酢、リンゴ酢などの醸造酢)
塩適量
蜂蜜大さじ1.5~2(お好みで)
ローズマリー、タイム適量
-作り方-
1.玉葱を軽く水洗いし、皮をむきます。
2.皮をむいた玉葱を薄くスライスして、15分以上そのまま置いておきます。このとき、水にはさらさないようにしてくださいね。
3.保存容器に2の玉葱とお酢を入れ、さらに蜂蜜、ローズマリー、タイムも入れます。
4.冷蔵庫に1晩入れておけばできあがりです。

玉葱酢は、2~3日ほど寝かすと食べごろになります。 1日に20g程度を目安に、お酢も一緒に飲むとより多くの効果が期待できます。食べ過ぎると胸焼けしたり、胃腸の調子が悪くなったりすることがあるので注意して下さい。