「バレーボール」タグアーカイブ

scene-chapter1-23

オヤジの情景~chapter1-23
私は体育の授業では自重することにしたが、部活では胸元が黒くクスみ、ボロボロになるまでフライングレシーブを連発した。
そして脚光を不動のものにした。
 
女子は私にカンセイを挙げた。
男子は私にウンザリした。
私はこの頃から自我が目覚め、スルドク色気づいてゆく、、。
なにせ、、。
女子同級生からは『カッコイイ』、
女子上級生からは『カワイイ』と、ンまぁ、、向かうところ敵無しであった。
オレってモテるんだゼェイ!と勘違いしても仕方のないことであろう。
なにせ生まれて初めて脚光を浴びたのだから、、。
しかも周りの女子は刻々と美しくなってゆく。
小学生時代の女子は、単なるケンカ相手だったが、中学生になると、ソレが異性になるのである。
ソコハカトナク男になりつつある私は、当然のごとく色気づくのである。
さらに部活の方でも、異変が起きた。
どうしたわけか良い塩梅に、部員が辞めていってしまい、なんと(9人制だが)私はレギュラーの座を獲てしまったのである!
ヒトというのは波に乗って勢いづくと幸運が重なる。
私はこうしたことを現在までに3度ほど経験したが、その最初の経験は、あきらかにこの頃のこの時のことである。
だが、『勢いづく』ということは、『いい気になる』ということでもある。
もちろん、この頃はソレがわからない。
また、『いい気になる』ということは『無礼になる』ということである。
私は『穴があったら入りたい』と思うことの多い男だが、その始まりはアキラカに、この頃であった。
もちろん、この頃にソレがわかるはずもない。
私は女子からの人気は上がったが、男子からはサンザンな評価をくだされていった。
私は今でも友達の少ない男だが、その片鱗はこのあたりからであろう。
だが、最低最悪なバカ野郎にはギリギリでならずにすんだようだ。
それは紛れもなくバレーボールのおかげである。
スポーツは、とても大切なことを教えてくれる。
私はその多くを先輩達から教わり、同級生から教わった。
そして秋になった頃、
私はスッカリご無沙汰していたギターと運命的な再会をする。
それは我が中学校に、文化祭シーズンやって来て、
色気づいた私にスルドク刺激を与えたからに他ならない。
続く。

scene-chapter1-16

chapter1-16
 
ソーコーしているうちに、
私は中学生となり、まずはメデタク仲間外れから解放された。
小学校の卒業式の日、それまで寄って集って私をシカトしてきた連中が「すまなかった」と、
のようなことを云いに来たが、すまないと云いつつ、上から目線だった。
何はともあれ、
新入生の私はハレバレとした気分である。
あの暗い小学校の教室には二度と戻りたくないと、
心の底から思った。
船橋中学校は船橋、廻沢辺りの地域から児童が集まる、
ひと学年6組程度の、当時ではよくある規模の中学校だった。
私の1年E組は、半数以上が初めて会う子達で、
その子達とは瞬く間に友達になった。
私は元気ハツラツ、活発な子供にヘンシンし、
そしてスグさま異性に憧れ、初恋をし、モンモンを経験して、
さらにはバレーボールに入部し、その部活動にも夢中になった。それはもうハイテンションでナイスな日々を過ごすこととなった。
私が中1の頃は、
東京都の中学高バレーボールは9人制で、
前衛3人、中衛3人、後衛3人という編成が基本で、
小柄な私でも、「後衛というポジションがあるんだから」と先輩方は、それはもう熱心に勧誘してくださった。
仲間外れあがりの私にとっては、話しかけてくれたり、優しくされたりすると嬉しくなってしまう。
また、私は小柄なだけでなく、健康的にも弱く、軟弱な身体であったため、
体育系部活動の、噂に聞く体力トレーニングに戦々恐々としていた。
(当時の船橋中学校は運動系部活動が必修だったのである。)
そのへんのところを、勧誘して下さる先輩に、恐る恐る伺ってみたところ、
バレーボール部の先輩曰く、「腕立て伏せが5回、腹筋は3回しかやらない!」という夢のような話であった。
これは事前リサーチにおける、テニス部の、腕立て伏せ・腹筋、各10回づつより好条件であった。
私は迷わずバレーボール部に入部した。
のだが…。
続く