「トマト」タグアーカイブ

或る日の情景~大越の野菜09

トマトとフワフワ卵の炒め物。
 
大越から頂いたトマトを使った炒め物です。卵にマヨネーズを入れてフワフワに炒めました。
材料(2人分)
卵3個、トマト中1個、マヨネーズ大さじ1、胡麻油適量、七香粉※適量、塩・胡椒適量
○調味液
紹興酒大さじ1、塩麹小さじ1、XO醤小さじ1、オイスターソース小さじ1
作り方
1.トマトは1/4のくし切りにした後、横向きにしてさらに半分に切ります。
2.卵をよく溶いてから、マヨネーズを入れて混ぜ合わせてください。
3.○調味液もよく混ぜておいてください。
4.フライパンに胡麻油を入れて、中火にかけ2を炒めます。半熟よりもまだ柔らかいトコロで一旦お皿に取り出してください。
5.再びフライパンに胡麻油を入れ中火にかけてトマトを炒めます。ひと炒めしたら○調味液を投入、トマトの皮がへべれけになったら頃合いです。
6.卵をフライパンに戻し火を止めてください。余熱で全体をまとめマス。仕上げに七香粉をふりかけ出来上がりです!味が弱かったら塩で味をキメてください。
 
※七香粉がない場合はシカトしてください。
トマトの皮が気になる方は、湯剥きしてください。

ある日の情景~大越の野菜01

大地からの恵み。
甥っ子の奥様の実家(福島県田村市大越)から、
新鮮な野菜を頂きました!(写真は一部です)
トマト、カボチャ 、ピーマン、ニンニク、玉ねぎ、ミョウガ 、じゃがいも 、きゅうり、茄子・・・オマケに梅干しまで!!
明日からのうちごはんは新鮮な野菜ざんまいデス!!!
美味しそうです!
大越に感謝です!!

身体に優しい自家製トマトソース

身体に優しい自家製トマトソース
「トマトが赤くなると医者の顔が青くなる」と、私の母がよく語っておりました。
母は「千歳船橋のホラ吹きクイーン」と謳われた烈女ですが、トマトのことはホラを吹かなかったようです。
トマトは多くの効能を有していて、ビタミンA(βカロテン)、ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン)、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、マンガン、リン、鉄、亜鉛、食物繊維などを含んでいます。
中でも特筆すべきは赤み色素のリコピン。
これはβカロテンの2倍、ビタミンEの100倍の抗酸化作用が期待できると云われており、βカロテン、ビオチン、ビタミンC、ビタミンEとの相乗効果で生活習慣病の予防、美肌効果、老化防止、がん予防効果なども期待できます。また、酸味成分のクエン酸には疲労回復効果や血糖値の上昇を緩やかにする作用があると云われています。
今回の食育レシピは、自家製トマトソース。カットトマト缶でとても簡単にできます。自家製ですから塩分や脂質をカスタマイズできます。皆さんのご家庭に合ったトマトソースを作りましょう!
食材(3〜4人前)

カットトマト2缶、玉ねぎ中2ヶ(みじん切り)、ニンニク3片(みじん切り)、オリーブオイル大さじ3、塩小さじ1、オレガノ適量、ローリエ1枚、水800ml

作り方

1.フライパンにオリーブオイルと玉ねぎを入れ、弱めの中火にかけて焦がさないように注意しながら5〜6分ほど炒めてください。

2.次にニンニクを入れ、軽く炒めたらカットトマト缶、水、レモン塩、オレガノ、ローリエを投入、やはり焦がさないように20分ほど煮込んでください。

3.途中アクが出ますので丁寧に取り除いてください。

4.時間になったらヘラ等ですくって確認。モッサリしてきたら出来上がりです。

*小分けして冷凍すれば1週間くらい保存可能です。