ほんごさとこ@スモーキーヴォイス#002

2018/01/13(sat)27:00~27:15
ほんごさとこ@スモーキーヴォイス#002
  
#温故知新

セロニアス・モンク

 マイルス・ディビス、ジョン・コルトレーンら共に、ジャズの巨人といわれているセロニアス・モンクであるが、いっぽうでは謎の多いピアニストでもある。
アドリブの独特のスタイルと、数多くのスタンダードナンバーの作曲家として、現在でもリスペクトするジャズマンが多い。
1917年10月10日、ノースカロライナ州ロッキーマウントに生まれたが、若いころのことについては、ほとんど知られていない。
生まれてまもなく家族とともにニューヨークに移り住んだといわれている。
ピアノは6才ころから始めたが、ほとんど独学であったという。
ジャズの歴史にはじめて登場するのは、1941年頃に行われたジュリー・ニューマンの録音のサイドメンとしてだった。そのころニューヨークのクラブ「ミントンズ」のクラブの座付きピアニストとして雇われていたため、ここで行われた先の録音に参加したものと考えられている。
このころのモンクの演奏スタイルは、まだ「ハード・スィング」と呼ばれる類いのもので、独自のスタイルを確立するのは、もっと先のこととなる。
本格的な録音は、1944年のコールマン・ホーキンス・カルテットとの共演のものである。
1947年にネリー・スミスと結婚するとともに、初めて自信のリーダー・バンドの録音をする。この頃モンクはビバップの洗礼をうけ、チャーリー・パーカーやディジー・ガレスピーの「バード&デイズ」に参加、自身のスタイルを確立させていく。
1950年代、1960年代と勢力的にツアーや録音を行ったが、1971年の録音を最後に、突然表舞台から姿を消した。1982年に脳梗塞で亡くなるまでの10年間は謎につつまれている。
一説によると、モンクは躁鬱病の可能性があったとも、処方された薬の副作用で演奏が出来なくなったとも言われているが、真偽のほどはさだかではない。どちらにしても、医学が現代のように発達していればもっと多くの録音や作品を残したことは確実である。
モンクの録音のなかで有名なエピソードのひとつとして、1954年のプレスティッジ・レーベルでのマイルス・デイビスとの録音がある。後に「喧嘩セッション」と呼ばれ、ふたりの音楽性を違いがうわさされるようになる。このセッションで収録された「ザ・マン・アイ・ラブ」では、モンクがソロを途中でやめたと思ったら、マイルスが怒ったように無意味にも思えるトランペットの音を鳴らす、といった「緊張感溢れる」ものであった。いろいろな論議はあったが、このアルバムは発売され、「大きな販売成績」を残している。
モンクが「自分を曲げない」頑固なミュージシャンというエピソードとして語り継がれていた。
しかし後年マイルスが自伝のなかで、あのときは、和声のボイシングに違和感を覚えたので、「自分のソロのときはピアノを弾かないでくれ」と言っただけで、モンクは了承してくれたよ、と記している。マイルス自身もモンクのことを尊敬しており、その後も彼の作品を何曲も録音している。
そうは言っても、ピアノを弾くな、といわれて「良い気分のする演奏家」はいないと思われるし、そんなに仲が良くなかったのは確かなように思われる。
BGM
monk-in walked bud
monk-round midnight
*セロニアス・モンクのもの
コンプリート・ジーニアス・オブ・モダン・ミュージック→(丸)C ユニバーサル ミュージック
RUBY MY DEAR
ROUND MIDNIGHT
monk’s playhouse →monk’s playhouse ユニバーサルミュージック
Think Of One
Trinkle Of Think
#ライブ
Round Midnight/ほんごさとこ
Round Midnight/バーニー・ハニゲン/セロニアス・モンク、クーティ・ウィリアムス
注目のアーティスト
山中千尋/モンク・スタディーズ
©ユニバーサルミュージック
次回予告
温故知新
ビリー・ホリデイ
ライブ
on a clear day/ほんごさとこ
注目のアーティスト
八代亜紀「帰ってくれたら嬉しいわ」
ほんごさとこ@スモーキーヴォイス 出演:ほんごさとこ(ヴォーカル/MC)今井慎一郎(ピアノ)吉野悟(ギター) 構成:卵掛御飯 演出:山路隆俊 撮影:九社王次三 照明:白井彩乃 録音:昼田純一 ヘアメイク:麓孝利 編集:山路禮照 スクリプト:戸益礼子 ミックス:DJ Tomm 仕上げ:東京オフラインセンター 録音助手:山田永 撮影協力:新横浜ラントラクト ジャズバー チャーリーズ・バー 協力:株式会社ambience チャーリー半田 ユニバーサルミュージック合同会社 制作補:昼田純一 プロデューサー:山路隆俊 エグゼクティブ・プロデューサー:サウスフィールド 制作:有限会社ジェイズミュージック 提供:ワイツーファクトリー株式会社

音楽事務所のオヤジのブログ。子供のため、大人のための食育レシピや美味しいレシピ、エッセイ、ティップス、etc…

Scroll Up