ヨロコビの筍ご飯

ヨロコビの筍ご飯
筍ご飯を作るようになったのは、10年ほど前からでしょうか、 、。
以来食する度に「ああああっ、日本人に生まれてイガッター!」とヨロコビの涙にくれてます。
筍には疲労回復に効果が期待できるチロシンや、塩分を排泄する効果が期待できるカリウムが豊富!しかも食物繊維がいっぱい!
青年の頃は、何故か目もくれなかった筍ご飯。
むむむっ、 後悔先に絶たず 。もっと前から食べていたかった、、。
食材
米3合、筍1本、油揚げ1枚、大根1/4本(あく抜き用)、塩適量(あく抜き用)、水1カップ(あく抜き用に)、 食育水出し3カップ
調味液a_塩小さじ1と1/2、煎り酒大さじ1、酒大さじ1、
作り方
1.下拵えします。米を砥いで、小1時間ザルにあげておいて下さい。 大根は皮のままよく洗って、縦に4等分に切り、大根のおろし汁を作ってください。
筍は先端を斜めにカットし、上部に縦に半分まで切り込みを入れてから、筍の皮をむき、一口大に切ります。
油揚げは軽く炙ってから、細めの小口切りにしておいて下さい。
調味液a_は塩が溶けるまでよく混ぜて下さい。
2.大根のおろし汁、水1カップと全体の量の1%くらいの塩を加えて混ぜて下さい。そこにカットした筍を投入、小1時間漬けます。これで灰汁が抜けます。
3.炊飯器に1で砥いだ米を入れて調味液a_ を投入、食育水出汁を3合の目盛りまで、そして大さじ1の食育水出汁をプラス(美味しくなぁれのオマジナイ) 、ひと混ぜして下さい。
4.筍をザルにあげ、ざっと水洗いし、水気を切って3に投入。さらに小口切りした油揚げを投入して炊飯します。
5.炊きあがったらざっとあえてから蓋を締め、スイッチを切り20~30蒸らして出来上がり!木の芽を添えてお召上がり下さい。
*食育水出汁がない場合はお水でOKです。
*煎り酒がない場合は薄口醤油でOKです。

コメントを残す