「食育」タグアーカイブ

scene-chapter1-19

chapter1-19
私はなんと腹筋50回もクリアしてしまったのである。
ここは大いにドヤ顔したいトコロだが、それどころではなかった。
私の体と精神はドコか遠いトコロに行ってしまったようで、ホボ幽体離脱状態になっていた。
腹筋のあとも、体育館の壁に背を付けて、ヒザを90度に曲げ、なおかつ両腕を『前に並ヘ』して、数を50まで数えるというカコクなトレーニングをしたような気がするがよく覚えていない。
だが、最後に『校門まで駆け足往復リレー』というのが行われたのは忘れもしない。
「先頭は立石、いけ〜!」と、飯田先輩は、後に私の大親友となる立石君に、先頭スタートを命じた。
「次は山路!待機!!」と、次は私の番である。
この頃の私どもにはユニフォームなどあるわけもなく、胸にマジックで名前を書いた体操着を着用していた。
飯田先輩がケイカイに我々一年坊の名前を呼べるのはここに起因する。
一人だけその体操着に名前を書いてない輩がいた。
私はモーローとした中で「コイツは呼ばれないのかな…?て、ことは走らなくていいのかな…?」
などと意味不明なことをブツブツ言いながら、生まれて初めて『神様』と、『仏様』に何事かをお願いした。
何をお願いしたかは覚えていない。
立石君はびしょ濡れになって戻ってきた。
次走の私も往復200mほどの距離を必死に走リ、戻った…ような気がする。
このリレーは10数人いる一年坊を2つに分けて競い合うのであるが、アンカーまで走り終えると、また先頭に戻って繰り返し、これを残り少なくなった部活時間いっぱいまでやるのである。負けたチームにはペナルティがあった。
私は『無我夢中』、というモンゴンをこの時初めて知った。
そして『為せば成る』、というモンゴンもこの時初めて知った。
続く。

コツはお買い物!?驚愕の南インドカリイ

コツはお買い物!?驚愕の南インドカリイ
 
南インドカレー を作るのはトッテモ簡単!
コツはお買い物。
必須のスパイス(ターメリックパウダー・クミンパウダー・コリアンダーパウダー・カエンペパーパウダー・カレーリーフ)とココナッツオイル、ココナッツファインを買い揃えることで本物そっくりの南インドカリイが作れます。私はいつもアメ横センタービル地下商店街の野澤屋サンで買ってます。アマゾンでも売ってます。
作り方もとっても簡単、ぜひお試しあれ!
食材(3〜4人分)
鶏手羽元(好きなだけ) 、玉葱1ヶ(中)、パプリカ1/4ヶ、パクチー1束、ココナッツオイル大さじ2、ココナッツファイン大さじ5、キザミ生姜&大蒜小さじ1、レモン塩小さじ1、塩適宜、水5カップ
a_必須のスパイス
ターメリックパウダー小さじ1、クミンパウダー大さじ2、コリアンダーパウダー大さじ2、カエンペパーパウダー小さじ1、カレーリーフ大さじ2
作り方
1.下ごしらえします。鶏手羽元を6本(好きなだけ)と水、レモン塩を鍋に入れ強火にかけてください。沸騰しかけたら種火にして小1時間茹でておいて下さい。その間にパクチーを茎と葉に分け、茎の部分を小口切りにします。玉葱は薄切り、パプリカは細切りにしておいて下さい。
2.フライパンにココナッツオイルをしき、1.の玉葱を入れて中火で炒めます。玉葱がしんなりしたら、パクチーの茎、キザミ生姜&大蒜を投入、香りが立つまで炒めてください。
3.2.に1.の鶏手羽元を茹で汁ごと入れ、20~30分煮込んだら、a_必須のスパイスを投入。混ぜ合わせながら5~6分煮込み、次にココナッツファインを投入。ひと混ぜし、塩で味を決めたら出来上がりです。
食べる時にパクチーの葉と細切りにしておいたパプリカをあしらってお召上がり下さい。
*レモン塩がない場合はお塩でOKです。
*キザミ生姜&大蒜がない場合はおろしニンニクでOKです。
*必須のスパイス等はアメ横野澤屋サン、https://www.nozawaya.com/もしくはアマゾンでも売ってます。

或る日の情景~品川界隈01-天華のコショーそば

天華のコショーそば
2015年4月に閉店した品川「天華」。
品川駅港南口に潜む路地裏のど真ん中にあった名店です。
なんといっても名物『コショーそば』。
コショーがタップリ(ハンパじゃない)と振りかけられた塩ラーメン。
スープは透明でとろみがあり、縮れ麺によく絡みます。
タンメン風でもあり、具は白菜、もやし、しなちく、長ネギ、豚肉、、。
 
おじいさんとおばあさん二人で営むカウンターだけのお店で、
店内を見回すと昭和33年発行の調理師免許証が飾られていました。
私が生まれたのが昭和32年、改めて閉店が悔やまれます。
その閉店の理由はおじいさんの急逝。
聞くところによると亡くなる数日前までお店に立っておられたとか、、。
名物『コショーそば 800円』
ご子息が、
新浦安の本格四川ダイニング『王冠』のランチメニューで、その味を繋いでいるとの由。