「食べ歩き」タグアーカイブ

或る日の情景~泉岳寺

参道にあった藪蕎麦
赤穂浪士が縁の泉岳寺。駅でいうと品川の隣で、私が住んでるところも品川の隣の隣の隣なので、『近所』なんだし、、と、いうことで何年か前ですが行ってみました。
都営地下鉄浅草線「泉岳寺駅」A2出口を出て、泉岳寺に向かおうとすると、デデ~ンと現れたのは、私の大好きな老舗の店構え!
しかも『藪蕎麦』!
コレはもう、何かの縁。
赤穂浪士の面々とお会いする前に、蕎麦前で軽く酔っ払っちゃおうと勇んで入店してみました。
まずは常温のお酒に、そば味噌と焼き海苔から、、、。
ン‼、、。むむむっ‼、、。
メニューに蕎麦前の品書きがない!?
ビールはある。
日本酒もある。
そば味噌ない。
カツ丼ある?
焼き海苔ない。
親子丼ある??
卵焼きない。
カレーライスある???
 
いたしかたなく、天ざるに常温のお酒を一本。
藪のお酒は菊正宗という認識でしたが、コチラはどうも違うようです。
続いて天ざる、、、コレガトッテモマズカッタ、、。
なんだかさみしぃ~くなってしまって、泉岳寺見学も今ひとつ盛り上がらず、フシギな一日となってしまいました。
後に調べてみると、
『連雀町藪蕎麦(現・かんだやぶそば)』の創始者堀田七兵衛さんの妹(4人姉妹)のうちの1人が、大正時代になって七兵衛さんの弟子と結婚して、暖簾分けしたのがコチラの『泉岳寺前藪そば』なんだそう、、。
由緒タダシイ『藪蕎麦』だったのですね、、。
それだけに残念な気持ちがしてなりません。
泉岳寺の参道にあった藪蕎麦、『泉岳寺前藪そば』2010年2月閉店。

ヨロコビのナポリタン

ヨロコビのナポリタン
初めて洋食屋さんで食べた洋食が『ウィンナーピーマン炒め』という、スルドク個性的な人生を歩んでいる私です。
だからでしょうか?
ナポリタンとの出逢いは、甘く、優しく、官能的なものであり、洋食ヘのホホエミの扉が改めて開かれた瞬間でもありました。
洋食デビューをハンバーグ&ライスで飾りたかったのが、訳あって『ウィンナーピーマン炒め』になってしまった少年のカナシミは、母が作ってくれたナポリタンによってヨロコビへと変わり、私を洋食の楽園へとイザナってくれました。
食材(2人前)
パスタ300g(2.2mm)、オリーブオイル大さじ2、
ベーコン(食べたいだけ、好みの大きさにカット)
ウィンナー(食べたいだけ、好みのカットで)
玉ねぎ1/2玉(5mm幅くらいにスライス)、ピーマン1ヶ(5mm幅くらいにスライス)、マッシュルーム(スライスしてあるもの)適量、粉チーズ・タバスコ適宜
a_調味液(よく混ぜ合わせて下さい)
トマトケチャップ大さじ5、ウスターソース大さじ1、マヨネーズ大さじ1
茹でる用の水たっぷり、塩適量(水の約8%)、オリーブオイル小さじ1
茹であがった麺用と麺だけ炒める用のオリーブオイル各大さじ1
作り方
1.仕込みです。麺を茹でます。太い麺なので10分以上茹でることになりますが、メーカーによって様々です。パッケージに表記されている茹で時間を確認してください。そして表記されている茹で時間プラス1分で茹でてください。
鍋にタップリの水をはり、約8%の塩を入れて強火にかけ、沸騰したら麺を投入、オリーブオイル小さじ1を入れて、箸などでくっつかないようさばきながら再沸騰するまで茹で、沸騰したらフツフツとした茹で加減で、茹で時間プラス1分間で茹でてください。
茹で上がったらザルにとり、水気を切りながらオリーブオイルをふって、常温に戻るまで放置して下さい。途中麺がくっつかないよう箸などでさばいてください。
常温に戻ったらストックパックなどに入れて冷蔵庫へ。丸一日保存して下さい。
2.フライパンにオリーブオイルをしいて冷蔵保存しておいた麺を投入、中火で炒めます。麺の表面がカリッとしたら、一旦取り出してください。
3.空いたフライパンにオリーブオイルをしき、ベーコン、ウィンナーを投入、中火で炒めてください。次に玉葱、ピーマン、マッシュルームを入れて炒めます。
4.全てに火が通ったら強火にして調味液a_を投入、香ばしい香りがたってきたら、2の麺を投入、まんべんなく炒めたら出来上がりです。お皿に盛り、お好みで粉チーズ、タバスコをかけてお召し上がりください。

或る日の情景~猫03

こきちの一分
「こきちクン。」と、呼びかけたところコノ表情です。

通訳しますと。
「ン、なんでぇい!ウルせぇじゃねぇか!」
アンマリな物言いなので、私は口応えしました。
「あのね、もっとキャーイク振り向いて、ニャンニャンとか言えないの?」
 するとコノ表情です。

通訳します。
「おぅ、おぅ、おぅ、ベラぼーめ!何云ってやがんでえい!こちとら江戸っ子でぇい!」
私は沈黙しました…。
こきちクンが、我が家においでになったのは(既に記してますが)、マダ生まれて2ヶ月ちょっとでタイヘン小さかったのですが、なんだかヤタラと強気な子猫でした。
その頃我が家には、チンチラシルバーの『お蝶』、ブラックペルシャの『以蔵』(因みにこきちクンはアメリカンカールの『小吉』)が既にいらっしゃって、静かな空間が定着していたのですが、こきちクンの登場でスッカリ我が家の芸風が変わってしまいました。
こきちクンのキャラは武闘派で、キョーボーかつオーボー!
なんせ、ご飯をいただくにも、戦闘的で、それまでは「ミョウ、ミョウ」とかいうお蝶チャンと以蔵クンのヒーリング系サウンドだったのが、「ワオ、ワオ、ワオ~ン」とラウドでノイジーなサウンドが体制を占めるようになり、すべてにおいて、妙に殺気立ったフンイキの我が家になってしまいました。
とはいえ、こきちクンには憎めないトコロもあって、我々夫婦はタイヘン楽しい時間を彼から頂いた次第。
感謝の気持ちでいっぱいです。
余談ですが、こきちクンには兄弟がいて、ソノ娘はL.A在住のハズですが、
でも、もう生きてはいらっしゃらないでしょうね。