「食べ歩き」タグアーカイブ

scene-chapter1-22

chapter1-22
我々バレーボール部の必殺技といえば、それはやはり『フライングレシーブ』であろう。
特に私のような小柄で軽量級の選手には、これ以上の技はないといって過言ではない。
何事にも形から入る私は、当然のごとくシッカと研究し、スルドい『フライングレシーブ』を習得するため、あらゆる努力を惜しまなかった。
習得できたとなると見せたくなるのが人情だ。
私は何かといえば『フライングレシーブ』を連発するようになった。
体育の授業のバスケでは、ボールがコートから出そうになると、フライングレシーブでボールをコートの中に戻した。
女子から歓声があがった。
私はタイヘン満足した。
走り高跳びもフライングレシーブで跳び、自己記録を更新した。
男子からドヨメキがあがった。
私はタイヘン満足した。
走り幅跳びはフライングレシーブで跳ぶと距離が損することを知った。
男子も女子も失笑した。
私はタイヘン恥ずかしかった。
50m走ではフライングレシーブでゴールしようとしたが怖くてできなかった。
これはやらなくて良かった。
体育の授業で、フライングレシーブを連発する私を、体育の先生が堪りかねて、「これ以上やったら張っ倒す」と低い声で囁いた…。
この体育の先生はバレーボール部の顧問監督で、とてもデンジャラスな先生であったので、その時私はチンモクし、フライングレシーブは控えようかなぁと思った。
いつだったか、私は授業中に、校内放送でこの先生に名指しで保健室に呼び出されたことがある。
何事かと急いで行ってみると、先生は保健室で焼き鳥を食っていらっしゃって「この焼き鳥美味いぞ、食え!」とおっしゃった。
私は焼き鳥を食った。
とても美味しかった。
先生の傍らには透明の液体が入ったコップあって、サスガにそれを私には薦めなかったが、先生はグビグビそのトウメイなエキタイをお呑みになっていた。
先生はご機嫌だったが、私は恐れオノノイた。
そんなこともあって、私は意味もなくフライングレシーブをしてはイケナイと心の底から反省した。
しかし、私のフライングレシーブは、意外な展開を見せた。
この年(1969年)10月からTVドラマ『サインはV』が放送スタート、うちの体育館がロケに使われたりして、船橋中学校はにわかにバレーボールブームとなったのである。
で、私のフライングレシーブ…。これが口コミで広がり、私はちょっとした有名人になったのである。
ナンにでもいえることであるが、シツコクやり続けるということは大事なのである。
挙句に私のフライングレシーブを観たさに女子が部活を見学しに来くるようになった。
お箸事件の後、私はゴキブリのように嫌われていたが、名誉を挽回する絶好のチャンスに巡り会えたわけだ。
私は『 機を見るに敏』というモンゴンをこの時初めて知った。
また私は『 千載一遇』というモンゴンをこの時初めて知った。
続く

或る日の情景~青物横丁界隈01

緑の壁
私の住んでいる『青物横丁』に、といっても青物横丁という住所地名は無くて、京急の駅名のことなんですけど、その駅から5分くらい海に向かうと忽然と現れるのがこの緑の壁なんです。
この壁はとある工場の壁面なんですけど、青物横丁には似つかない情景で、とてもフシギな佇まいです。
ナンにせよ、私にとってキガカリなのは、青物横丁って名前です。
その…なんと云いますか…スルドサに欠けるというか…イキでイナセでないとでも申しましょうか…。
「どこに住んでいるの?」「青物横丁!」って答えると、ヒトビトは、笑いをこらえているかのような顔をするのをご存知ですか。
あっ、されてるような気がするのです。
例えば『麻布』とかは偉そうだし、
『白金』とかはお上品だし、
『代官山』とかは御意!って感じだし…、
とにかくはっきりしてるんですね。
ズバっとしてるんです。
けど、アオモノヨコチョウって、ヒビキがその…潔く無いというか…ウケ狙いが外れましたってフンイキがあるというか…。
でも、青物横丁にはタワーレコードの本店があったり(2012年3月に 移転しちゃったけど)、 楽天の本社があったり(2015年8月に移転しちゃったけど)、今は ソニーモバイルコミュニケーションズとソネットがいらっしゃって中々賑わっているのです…。
で、この緑の壁。
東邦地下工機という会社の東京事業所の一角なんだそうです。
ジャスコの前に重々しく現れるその緑の威容は圧巻で、
観るものを圧倒すると共に、緑が導く安心感が満載です。
緑色というのは、風水でいうと(詳しくないけど)安らぎや健康運・才能アップ・安全などの効果が挙げられるとの由。
また緑は自然の象徴であり、私たちヒトビトに癒しと安らぎを与えてくれているわけなんですね。
なにかこう青物横丁の誇りをイッテに引き受けて頑張ってます!って感じてしまうのは私だけでしょうか。

或る日の情景~神田界隈02

神田藪蕎麦
お蕎麦という食べ物はウンチクの多い食べ物で、
コレがまた亡父の得意技でありました。
亡父と一緒にお蕎麦屋さんに入って「カレーうどんか食べたいなぁ~」だなんて云った日ニャ、御池にハマってさぁタイヘン。
亡父のなが〜い、なが~いウンチクが始まってしまいます。
ンまぁ、ソレはソレはウルサくて、ウザッたい親父でありました。
トコロが、なんということでしょう!
今、私がまさにそのウルサくてウザッたいオヤジになってしまったではありませんか!
 
私がお蕎麦を好きになったのは、24、5歳の頃からで、キッカケは故子母沢寛氏の名著『味覚極楽』の1編に、蕎麦行脚の一説があって、ソレを真似してみたくなったことから始まりました。
そこで発見したのが『神田藪蕎麦』。
早速行ってみると、
その趣のある店構え、店内のフンイキ、店員のオバ様たちの客あしらいの良さは見事なものでした。
さらには、店内に響く朗々とした女性の声!
帳場に座る女将が発する「いちばんさぁぁぁぁん、せいろぅ、いちまいぃぃぃぃぃ~~~~~~~~~~」と、
それはまるで競技かるたの読み手が読み上げる歌の上の句を聞いているかのような美声で、その声が厨房からホールに至るまでの仕事の一切をコントロールしているようなのです。
声は続きます。
「さんばんさ~~~~~~ん、おちょうしぃ、にほんんん~~~~~」
ンもう~たまりません!
この声を肴に日本酒を常温で一本、アテはそば味噌に焼き海苔。
調子がいいと天ヌキでもう一本。
ウットリと酔いしれたらせいろう二枚。
だなんて、あああああっウルサイ、ああああっウザイ!