「美味しいレシピ」タグアーカイブ

或る日の情景~猫09

お蝶の乙女心
我が家で初めての家族、ソレがお蝶チャンでした。
綺麗でフワフワ、モフモフ(って云う言い表し方、当時はなかったなぁ〜…)!待望の猫でした。
しばらくの間は、お蝶チャンだけの1頭飼いでしたので、お蝶チャンは私共夫婦の視線と意識を一身に浴びて、シアワセな暮らしをしていたのです。
ところが例の『ケツの穴事件』(詳しくは、或る日の情景〜猫02 反撃のお蝶 http://tamagokakegohan.click/essay-scene-of-one-day-cat02/)がボッパツして、我が家には2頭目の以蔵クンがやってきたのです。
その頃からお蝶チャンの様子が変わります、、。
 
綺麗でフワフワ、モフモフ。
まるで王家のお姫様のような佇まいだったお蝶チャン。
彼女の乙女の時代は、美しく、ツンデレで、宝石のように輝いていたのに、、。
ソレがだんだんフツーになってゆきます。
我が家に家族が増えるたびに、、。
まず我が家にやってきたのは以蔵クン。
彼は『漆黒のお人好し!』と謳われた天然系おとぼけキャッツで、彼が動くトコロ絶えず大爆笑です。
一躍我が家の人気者になりました。
お蝶チャンは、ブータレて距離を置くようになり、遠くからジッと見つめてばかりいましたが、他意のない以蔵クンと次第に馴染んできて、私達の和に入るようになりました。
そう、ここまでは良かったのです。
それは突然やってきました。
『ブラウンマッカレルタビーの破壊王!』後に、
『北品川の心肺機能!』と謳われたこきちクンの登場です。
コヤツが来てからは、もうイケマセン。
以蔵クンは早々に白旗を上げましたが、お蝶チャンは屈することなく、こきちクンと果敢に戦いました。
ところがソノ代償に、彼女の美貌は失われていったのです。
私はドーすることもできませんでした、、。
こきちクンの悪行三昧に右往左往する私を、ソレを見ていたお蝶チャンの乙女心にはどう映っていたのでしょうか、、。
きっと『情けないオトコ・・・フン!』と、思っていたでしょうね、、。
ハァ~切ない、、。と、ますます思う今日此の頃です。

或る日の情景~猫08

こきちの妹
こきちクンにはロスアンゼルス在住の妹が(姉かもしれないけど)いました。
写真は私がL.A.に行って撮った妹さんの写真と、我が家でのこきちクンの写真を並べてみました。

さすが兄妹!
似ています。
妹さんの名前は忘れてしまいました、、。
ガタイもヨクて、ゆうに7kgはあったと思います。
性格も兄譲りで、、。
と、思いきや、シャイで人見知り!?
普段はお客さん(この時は私の事)が来ると、ソファの奥から出てこないんだそう、、。
私の胸元に甘えに来たときは同席していたヒトビトが驚きの声を挙げていました。
もしかしてお兄ちゃんのニオイを感じとったのかもしれませんね。
このお宅には、他にも犬猫がイッパイ(あわせて10頭ぐらい)いらっしゃって、名前を覚えるのもヒト苦労(って、チットモ覚えられなかったけど、、、)。
たかだか3頭飼いでオオワラワした我が家とは大違い、、。
自由に振る舞うワンちゃん、ニャンちゃん達と、
これまた自由に振る舞うヒトビトの、実にゴーカイな生活スタイルにカンプク、感動した次第です。
この時会った『こきちの妹』、、。
生きていれば20歳、、。
生きてて欲しいと願うのは、私のゴーマンなのでしょうね、、。

或る日の情景~猫07

こきちのきもち
この寝顔デス…。
『噛み癖』を治すため、かなり厳しいシツケをするのですが、イッコーにヘコみません。
シツケたこともカタッパシから忘れます、、。
目覚めるとジャブジャブ音をたててお水を頂きます。
「ぅわあおう〜、ぐハっ、ダぅバぅ、」ゴハンを頂いてるノイジーなサウンドが響きます。
ザバぁ、ザバぁって音がするときはトイレの砂カキです。
「ンあああ〜ん」とラウドな雄叫びをあげてから、どすンどすン足音をたてて私の胸元に飛び込んできて甘えます。
そして噛みつきます。
ので、シツケます。(これから記する躾け方は、誤った躾け方かもしれませんのでご注意ください)
噛ませてはいけません。
必ず避けるのです。
そして噛もうとしてそれを避ける時に「おう!」と低く・太い・大きな男声を鼻先にブツけます。
ビックリして一瞬固まるぐらいの大きな声をかけるのです。
「ダメぇ、」とか生ヤサシイ声ではいけません。
これを噛もうとする度に、ナン度もナン度も繰り返します。
根性がいりますが、
半年ぐらいかかったでしょうか。
でも、こきちクンはコレで噛まなくなりました。
タイヘンでしたが、頑張った甲斐はありました。
コレで我々はソートー暮らしやすくなりました。
こきちクンも噛まなければ甘えさせてもらえるので満足そうです。
我が家の場合ですと10年から12年でしたが、、。
生活を共にするということは、
ソレがヒトビトであろうが、
ドウブツであろうが、
タイヘンなことだと思う10数年でした。