「壁」タグアーカイブ

或る日の情景~猫10

小猫のこきち
こきちクンは手のひらに乗るくらいの大きさで我が家にやって来ました。
元気イッパイな子猫で、横浜のブリーダー宅から拙宅までの車中でも、ひっきりなしに「ふギゃー、ふギゃー」啼きっぱなしです。
そのノイジーなラウドボイスに、実にフユカイな気分になって運転したことを思い出しました、、。
 
家に着いてからも、怯えることもなく、啼きながら部屋中を徘徊してヤカマシイことしきり、我が家は暗雲がたちこめたような、おも〜い空気になりました。
そして彼は、良くも悪くも我が家の中心になってノサバってゆきます。
さらに、彼はスルドク巨大化します。
手のひらサイズの仔猫だった彼は、
アっ!という間に2kg、、。
オっ!と気付くと4kg、、。
えーっ!で、8kg、、。
あああっ!で……11kg、、。
そ~いえばこの11kgの頃、行きつけの獣医さんのところで定期検診を受けに行った時、初めての三種混合ワクチンを受けに来たそれはもう可愛らしい仔猫と、コレマタ可愛らしい飼い主さんとご一緒したことがありました。
その時初めてワクチンを打たれた仔猫の、「ミョウ、ミョウ」という啼声に、「あ〜…可愛らしい声だなぁ、平和だなぁ、いいなぁ、」と、思わずウットリと聴き入っていた次の瞬間、キャリーバックの中で待機中のこきちクンがアバレはじめました。
彼にとって市販のキャリーバックはとても狭く、身体を折りたたむように収まっており、ムズガッてよく暴れるのです。
「んわお〜ぉぉォン!」と雄叫びもあげています。
『ヤレヤレ、、、またか』
私と獣医さんはもう慣れっこ、、というかキャリーバックからウカツに出すとサマザマな問題が生じるのでホッておきます。
ところが同席した仔猫の飼い主さんはビックリ仰天!
まるでポルターガイストのようにウゴめくキャリーバックにキョーガクの表情です。
その飼い主さんはお会計の時もキャリーバックから目が離せません。
私は面白がって「中、見ますか?」と声をかけ、キャリーバックからこきちクンを出しました。
飼い主さんは固まりました、、。
そして一言「コレはなんというドーブツでしか、、、?」
獣医さんが答えてくれました
「コレはアメリカンカールというドーブツでし。」

或る日の情景~猫09

お蝶の乙女心
我が家で初めての家族、ソレがお蝶チャンでした。
綺麗でフワフワ、モフモフ(って云う言い表し方、当時はなかったなぁ〜…)!待望の猫でした。
しばらくの間は、お蝶チャンだけの1頭飼いでしたので、お蝶チャンは私共夫婦の視線と意識を一身に浴びて、シアワセな暮らしをしていたのです。
ところが例の『ケツの穴事件』(詳しくは、或る日の情景〜猫02 反撃のお蝶 http://tamagokakegohan.click/essay-scene-of-one-day-cat02/)がボッパツして、我が家には2頭目の以蔵クンがやってきたのです。
その頃からお蝶チャンの様子が変わります、、。
 
綺麗でフワフワ、モフモフ。
まるで王家のお姫様のような佇まいだったお蝶チャン。
彼女の乙女の時代は、美しく、ツンデレで、宝石のように輝いていたのに、、。
ソレがだんだんフツーになってゆきます。
我が家に家族が増えるたびに、、。
まず我が家にやってきたのは以蔵クン。
彼は『漆黒のお人好し!』と謳われた天然系おとぼけキャッツで、彼が動くトコロ絶えず大爆笑です。
一躍我が家の人気者になりました。
お蝶チャンは、ブータレて距離を置くようになり、遠くからジッと見つめてばかりいましたが、他意のない以蔵クンと次第に馴染んできて、私達の和に入るようになりました。
そう、ここまでは良かったのです。
それは突然やってきました。
『ブラウンマッカレルタビーの破壊王!』後に、
『北品川の心肺機能!』と謳われたこきちクンの登場です。
コヤツが来てからは、もうイケマセン。
以蔵クンは早々に白旗を上げましたが、お蝶チャンは屈することなく、こきちクンと果敢に戦いました。
ところがソノ代償に、彼女の美貌は失われていったのです。
私はドーすることもできませんでした、、。
こきちクンの悪行三昧に右往左往する私を、ソレを見ていたお蝶チャンの乙女心にはどう映っていたのでしょうか、、。
きっと『情けないオトコ・・・フン!』と、思っていたでしょうね、、。
ハァ~切ない、、。と、ますます思う今日此の頃です。

或る日の情景~猫08

こきちの妹
こきちクンにはロスアンゼルス在住の妹が(姉かもしれないけど)いました。
写真は私がL.A.に行って撮った妹さんの写真と、我が家でのこきちクンの写真を並べてみました。

さすが兄妹!
似ています。
妹さんの名前は忘れてしまいました、、。
ガタイもヨクて、ゆうに7kgはあったと思います。
性格も兄譲りで、、。
と、思いきや、シャイで人見知り!?
普段はお客さん(この時は私の事)が来ると、ソファの奥から出てこないんだそう、、。
私の胸元に甘えに来たときは同席していたヒトビトが驚きの声を挙げていました。
もしかしてお兄ちゃんのニオイを感じとったのかもしれませんね。
このお宅には、他にも犬猫がイッパイ(あわせて10頭ぐらい)いらっしゃって、名前を覚えるのもヒト苦労(って、チットモ覚えられなかったけど、、、)。
たかだか3頭飼いでオオワラワした我が家とは大違い、、。
自由に振る舞うワンちゃん、ニャンちゃん達と、
これまた自由に振る舞うヒトビトの、実にゴーカイな生活スタイルにカンプク、感動した次第です。
この時会った『こきちの妹』、、。
生きていれば20歳、、。
生きてて欲しいと願うのは、私のゴーマンなのでしょうね、、。