「千歳船橋」タグアーカイブ

scene-chapter1-24

世田谷区立船橋中学校(現在の船橋希望中学校)に、
文化祭シーズンがやってきた!
1年生の私にとっては当然、初めての文化祭である。
体育祭が終わると、学校全体がヤレヤレという感じになる。
これはつまり教師側が醸し出すフンイキで、どっこいしょと腰掛たムードになるのである。
ところが学生側は違った。
ナンだか、ワクワク、ドキドキした感じになってきて落ち着かない雰囲気になる。
体育祭は教師たちの指示のもと、予行練習なんかもあって、
学生側からしたら、なんとなくやらされてる感じで、
シラけたところがあるのだが、ソレが文化祭は明らかに違った。
ソレは何かというと、つまり学生中心に物事が行われるのである。
今の時代ではあり得ないことであろう。
このころは、教師側もおおらかなもので、かなり自由にやらせてくれたのである。
ホームルーム(HR)という授業科目があって(今あるのかな…)、
この授業によって文化祭のことが色々と決められてゆくのだが、
1年坊の我々は初体験なので、まずは担任の先生がエスコートして下さるのだが、
ほんとに口出しするのは最初だけで、あとはいい意味でテキトーにやらせてくれるのだ。
先ずは実行委員の選出だ。
当然皆しりごむ。
私はこの頃、フライングレシーブを連発し、何かといえば(何もないんだけど…)大声を張り上げて元気一杯だったが、
ここでは『シジミ』のように小さくなり、無言の殻の中に閉じこもり沈黙していた。
幸いにも実行委員は簡単な選挙によって、フサワシイ同級生が選ばれ、そしてタダシク運営される運びとなった。
残念なことに、この時、私のクラスが何をやったのか、私がどんなハタラキをしたのかは、全くもって失念してしまった。
だが私はこの1年生の文化祭を生涯忘れない。
後の私の人生を決定づけたと云って過言ではない経験をしたからである。
私は生まれて初めて、生バンド演奏を目の当たりにしたのである。
それは大音量で私の度肝をぶち壊した。
放課後にトツゼン上級生の教室で、生バンドのリハーサルが始まったのだ。
私は、というか私のクラス全員がブッたまげて上級生の教室に向かった。
そこで観た情景は、今、思い出しても胸が高鳴る。
3点セットのドラムにエレキのギターにベース、、。
テレビのグループサウンズのような演奏光景が目の前で行われた。
皆口々に『アッと驚く為五郎!』と叫んだのは、云うまでもない。
続く

scene-chapter1-23

オヤジの情景~chapter1-23
私は体育の授業では自重することにしたが、部活では胸元が黒くクスみ、ボロボロになるまでフライングレシーブを連発した。
そして脚光を不動のものにした。
 
女子は私にカンセイを挙げた。
男子は私にウンザリした。
私はこの頃から自我が目覚め、スルドク色気づいてゆく、、。
なにせ、、。
女子同級生からは『カッコイイ』、
女子上級生からは『カワイイ』と、ンまぁ、、向かうところ敵無しであった。
オレってモテるんだゼェイ!と勘違いしても仕方のないことであろう。
なにせ生まれて初めて脚光を浴びたのだから、、。
しかも周りの女子は刻々と美しくなってゆく。
小学生時代の女子は、単なるケンカ相手だったが、中学生になると、ソレが異性になるのである。
ソコハカトナク男になりつつある私は、当然のごとく色気づくのである。
さらに部活の方でも、異変が起きた。
どうしたわけか良い塩梅に、部員が辞めていってしまい、なんと(9人制だが)私はレギュラーの座を獲てしまったのである!
ヒトというのは波に乗って勢いづくと幸運が重なる。
私はこうしたことを現在までに3度ほど経験したが、その最初の経験は、あきらかにこの頃のこの時のことである。
だが、『勢いづく』ということは、『いい気になる』ということでもある。
もちろん、この頃はソレがわからない。
また、『いい気になる』ということは『無礼になる』ということである。
私は『穴があったら入りたい』と思うことの多い男だが、その始まりはアキラカに、この頃であった。
もちろん、この頃にソレがわかるはずもない。
私は女子からの人気は上がったが、男子からはサンザンな評価をくだされていった。
私は今でも友達の少ない男だが、その片鱗はこのあたりからであろう。
だが、最低最悪なバカ野郎にはギリギリでならずにすんだようだ。
それは紛れもなくバレーボールのおかげである。
スポーツは、とても大切なことを教えてくれる。
私はその多くを先輩達から教わり、同級生から教わった。
そして秋になった頃、
私はスッカリご無沙汰していたギターと運命的な再会をする。
それは我が中学校に、文化祭シーズンやって来て、
色気づいた私にスルドク刺激を与えたからに他ならない。
続く。

scene-chapter1-21

この日以来、私は変わった。
カッコつけて云わせて頂くと『男』としての第1歩をフンだのである。
まず言葉づかいが変わった。
『ボク』が『俺』になる。
『お母さん』が『オフクロ』になる。
『ご飯』が『メシ』になる。
『お友達』が『ダチ』になる。
『お巡りさん』が『マッポ』になる。
そういえば、
私らの頃は『不良』のことを『ヤンキー』とは云わなかった。『ツッパリ』と云った。
船橋中学校は、というより世田谷区には比較的ケンゼンなショーネンが多く、キケンな『ツッパリ』はあまりいなかったように思う。
これが台東区、荒川区、北区、江東区といった方面は当時、たいへんデンジャラスで、校内の廊下を生徒が先生を追いかけ回したとか、アッチの学校がコッチの学校に殴り込みをかけたとか、コッチの学校がアッチの学校に火をつけたとかブッソーな噂はキリがなかった。
だが、部活にハマっている私にはそんなことは関係なかった。
なぜなら私は確変したからである。
10回もできなかった腕立て伏せや、腹筋運動が、トツゼン出来るようになったからである。
私はこの確変が続けと願い、そして続くよう自主練を実行した。
朝起きると、
アパートの廊下で腕立て伏せ。
学校にゆくと、
休み時間に腕立て伏せ。
昼休みに腕立て伏せ。
そして部活が終わって家に帰っても腕立て伏せをした。
結果、腕立て伏せ50回、腹筋50回は余裕で出来るようになった。
船橋中学校バレーボール部は部員数約30名、我々新入部員は当初10数名いたが、1ヶ月で8名にまで減ってしまった。
腕立て伏せや腹筋などのトレーニングに、ついてこれないショーネンもいるのである。
だが私は確変したおかげでついていけた。
なぜ確変したのか?ソレはよくわからない。
が、ヒトというのは、聞くところによると、
たまぁ~にだが、トンデモない、意味不明の、説明のつかないコトをしでかす『いきものの』ようである。
そしてヒトは誰でも、一生の内1~2度は確変するようである。
また、私にとってシアワセだったのは、
それは頑張ると、ホメてくれる先輩や、仲間がいてくれたことである。
私は東京に転校して以来、仲間外れが続き、東京が嫌いになっていた。
だが、中学に上がってこの部活の体験で人生が変わった。
東京が好きになった。
そして何よりも人が好きになった。
私は救われたのである。
続く。