「タイム」タグアーカイブ

或る日の情景~晩ごはん26

鶏胸肉とニンニクのソテー。
家内好みのパッサパサだけど柔らかい鶏胸肉のソテーです。鶏皮を剥ぎ、ハーブを効かせてニンニクをゴロゴロ入れて作りました。
食材
鶏胸肉1枚(250~300g)、ニンニク4〜5片、塩麹小さじ1、オリーブオイル適量、※1万能ハーブミックス適量、ローズマリー適量、セージ・タイム適量、塩・胡椒適宜、※2レモン塩適宜
※1万能ハーブミックスが無い場合は黒胡椒でOKです。
※2レモン塩がない場合は普通の塩でOKです。
作り方

1.鶏胸肉を捌きます。皮を剥ぎ取り、縦の筋目に沿って包丁を入れ、横へ鋤くようにして厚みを均等にします。

2.1に塩麹を塗ってもみ込み、20~30分なじませます。(パッサパサだけど柔らかくなるコツです)

3.テフロンのフライパンに、皮目側を下にした肉と、包丁の背等で潰すようにしてから皮を剥いたニンニクを入れ、その上にオリーブオイルを数滴垂らして種火(パッサパサだけど柔らかく焼くコツです)にかけてください。皮がお好きな方は一緒にフライパンにひいて下さい。ここで10~20分くらい種火でジックリ、そのまま返さずに焼いてください。
4.写真のような焦げ目が、肉をひっくり返すタイミングです。肉を返したら万能ハーブミックス、ローズマリー、セージ・タイムを適量をふりかけ2~3分焼いたら出来上がりです。味が弱かったらレモン塩を添えるか塩・胡椒をふって味をキメて下さい。

真紅の食育スープ

真紅の食育スープ
ミネストローネをカスタマイズした食育スープです。
たんぱく質は大豆類で摂取、大蒜をゴロンゴロン入れて煮込みます。
少し疲れ気味のときや、この先1週間が勝負!みたいな時に最適です。
体に優しく、かつ、キョーレツに身体に効くスープです。冷蔵庫で3~4日保存可。常備して一日一回、温めてから飲んで身体をイタワッて下さい。
食材
ミックスビーンズ150g、カットトマト缶3、オリーブオイル大さじ3、
a_玉葱大2ヶ、ズッキーニ中2本、 人参中1本、じゃがいも中2ヶ、パプリカ1ヶ、大蒜1ヶ、
b_塩・胡椒、月桂樹の葉、ローズマリー、タイム、オレガノ各適量
作り方
1.食材a_を切ります。玉葱、ズッキーニ、人参、じゃがいも、パプリカは5~6mm幅のさいの目切りに、大蒜はひとかけらずつ使うので皮だけ除いて下さい。

2.鍋にオリーブオイルをしいて、ミックスビーンズ、大蒜を入れて中火にかけます。オイルが回ったら、1.を投入、ザックリと和えて火を通して下さい。

3.火が通ったら、カットトマトを投入、空いた缶に水を入れ、洗い出すようにして鍋に投入し、強火にかけて、沸騰する直前で種火にして 20~30分煮込んで下さい。途中アクが出ますので丁寧に取り除いて下さい。

4.煮込みきったら、一旦火を止め、b_の香辛料を適量入れます。味を馴染ませるため、 蓋をして、常温に戻して下さい。2~3時間位かかると思います。

5.常温に戻ったら、再び中火にかけて、沸騰する直前で種火にして20~30分煮込んで下さい。これでグッと味が落ち着きます。最後に塩・胡椒で味を決めて出来上がりです。

食育玉葱酢

食育玉葱酢

私は血がサラサラになる、だなんて謳われると、何はともあれ試してしまう年頃です。
玉葱の硫化アリルという成分が、血をサラサラにする効果が期待できるとのこと。そしてもうひとつの注目成分がケルセチン。これは、抗酸化作用が強い成分の一つで、悪玉コレステロールを減少させてくれる効果が期待できると云われています。 一方、お酢の効果もたくさんあって、抗菌効果、疲労回復、カルシウムの吸収促進。またお酢の主成分酢酸は、高血圧の血圧低下、食後の血糖値の急な上昇を緩やかにすることが期待できるとのこと。
むむむっ、このコラボは最強ですね。
血も心も汚れてしまった私にはうってつけの常備菜です。
-食材-
玉葱中1個(約200g)
お酢大さじ5( 米酢、黒酢、リンゴ酢などの醸造酢)
塩適量
蜂蜜大さじ1.5~2(お好みで)
ローズマリー、タイム適量
-作り方-
1.玉葱を軽く水洗いし、皮をむきます。
2.皮をむいた玉葱を薄くスライスして、15分以上そのまま置いておきます。このとき、水にはさらさないようにしてくださいね。
3.保存容器に2の玉葱とお酢を入れ、さらに蜂蜜、ローズマリー、タイムも入れます。
4.冷蔵庫に1晩入れておけばできあがりです。

玉葱酢は、2~3日ほど寝かすと食べごろになります。 1日に20g程度を目安に、お酢も一緒に飲むとより多くの効果が期待できます。食べ過ぎると胸焼けしたり、胃腸の調子が悪くなったりすることがあるので注意して下さい。