「お散歩」タグアーカイブ

或る日の情景~前菜01

ボタン海老のカルパッチョ
 
こうも暑いと食べる物も見栄えが大事ではないでしょうか。
涼しげに見える食べ物はいかがでせう。(旧仮名遣いだけど)
スイカ、カキ氷、そうめん、冷やし中華、、。
ヨロコビ溢れるラインナップですがこれバッカではいけません。
エーヨーメン(タダシイ日本語では栄養面)を考えねばマイネ。(津軽弁だけど)
そこで写真は海老、ボタン海老のカルパッチョ。
オリーブオイルと我が家でブレンドした万能ハーブミックスで味をキメました。
うぅ〜むゥ、ナウいし、涼しげです。
 
海老は高タンパクで低脂肪、しかも糖質がゼロというリッパな食材です。
独特のうまみは、グリシンやベタインなどのアミノ酸のためです。
鉄分を含むので貧血予防に効果が期待できます。
特筆すべきは、イカやタコに次いで多いタウリンです。
魚介類に多いタウリンは血中コレステロールを抑えて動脈硬化を予防する効果が期待できるとともに、肝機能強化や眼精疲労の緩和に力を発揮します。
また、海老に含まれる食物繊維のキチン質は近年、免疫力の活性化に効果が期待できるとの由。小さなエビなどは殻ごと食べるのがおすすめです。
余談ですが、「しょうゆ」の旧仮名遣いを「せうゆ」だと思っている方が多いよう(調味料を入れる順番の「さしすせそ」で「せ」は「せうゆ」だから)ですが、正しくは「しゃうゆ」です。

或る日の情景~下北沢界隈01

下北沢北口駅前食品市場の今、、。
 
戦後にできた闇市の名残ともいわれていた下北沢北口駅前食品市場です。
立ち飲み形式の居酒屋や青果店、乾物店など数十の個人店舗が軒を連ねていましたが、老朽化と下北沢駅地下化に伴う再開発により取り壊しが進んでいます。
 魚貝類販売店『ナガヌマ』は、1929年にウナギ店として創業。
その後1949年に市場に移り、ウナギに加えて貝や魚などの販売を始めたとの由。残念ながら昨年6月に開業から87年の歴史に幕を閉じました。
和食『うさや』は、昔は和菓子屋さんだったようで、御菓子「うさや」と書かれた看板のまま営業していました。
お料理は野菜が中心で、とても美味しかったです。
お店の方のセンスが、お料理や食器、インテリアに活かされていて、とても素敵なお店でした。
私は同じ小田急線沿線の千歳船橋に住んでいたこともあって、下北沢は青春時代に憧れた街でした。
高校を卒業して、意味もアテもない自分が嫌で嫌で、なんとかして変わりたくて通った街でもありました。
この時出会ったヒトビトは、とても大事なことを教えてくれて、以来私はソレを忘れたことはありません。
若さゆえぇぇ~(知らないだろうけど)って名曲のフレーズがリフレインします。
なんだかほろ苦ぁぁい味と、
スッパイ匂いがして止まない今日此の頃です。

或る日の情景~晩ごはん01

シロートの握り寿司
4〜5年前、お寿司を握るのにハマった頃の写真デス。
ネタは鮪のハラ身、ボタン海老、たこ、かいわれ大根の昆布締め、牡蠣の軍艦巻き、シャリは米酢と塩だけで、お砂糖は使いませんでした。
最近は、糖質制限かなんかで炭水化物を控えているので握らなくなっちゃいましたが、この頃はまったくシカトで喰いまくっていました。
酢飯は米1合に対して、米酢大さじ1と1/2、塩小さじ1/2の配分で。
炊飯のコツは、米を洗って浸水せずに、すぐに炊くと良い感じの固さになります。
牡蠣を醤油とバターで炒めたもので軍艦巻きにしました。
この写真を見たら、また握って、喰いまくりたいなぁ〜と思う今日この頃です。