或る日の情景~青物横丁界隈01

緑の壁
私の住んでいる『青物横丁』に、といっても青物横丁という住所地名は無くて、京急の駅名のことなんですけど、その駅から5分くらい海に向かうと忽然と現れるのがこの緑の壁なんです。
この壁はとある工場の壁面なんですけど、青物横丁には似つかない情景で、とてもフシギな佇まいです。
ナンにせよ、私にとってキガカリなのは、青物横丁って名前です。
その…なんと云いますか…スルドサに欠けるというか…イキでイナセでないとでも申しましょうか…。
「どこに住んでいるの?」「青物横丁!」って答えると、ヒトビトは、笑いをこらえているかのような顔をするのをご存知ですか。
あっ、されてるような気がするのです。
例えば『麻布』とかは偉そうだし、
『白金』とかはお上品だし、
『代官山』とかは御意!って感じだし…、
とにかくはっきりしてるんですね。
ズバっとしてるんです。
けど、アオモノヨコチョウって、ヒビキがその…潔く無いというか…ウケ狙いが外れましたってフンイキがあるというか…。
でも、青物横丁にはタワーレコードの本店があったり(2012年3月に 移転しちゃったけど)、 楽天の本社があったり(2015年8月に移転しちゃったけど)、今は ソニーモバイルコミュニケーションズとソネットがいらっしゃって中々賑わっているのです…。
で、この緑の壁。
東邦地下工機という会社の東京事業所の一角なんだそうです。
ジャスコの前に重々しく現れるその緑の威容は圧巻で、
観るものを圧倒すると共に、緑が導く安心感が満載です。
緑色というのは、風水でいうと(詳しくないけど)安らぎや健康運・才能アップ・安全などの効果が挙げられるとの由。
また緑は自然の象徴であり、私たちヒトビトに癒しと安らぎを与えてくれているわけなんですね。
なにかこう青物横丁の誇りをイッテに引き受けて頑張ってます!って感じてしまうのは私だけでしょうか。

コメントを残す