scene-chapter1-4

オヤジの情景
scene-chapter1-4
私のモンモンは、さらなる拡がりの様相を呈した。
と、いうのも、
同級生に大島さんという、
それはモ~素敵な容姿の女性が、私の前に現れたからである。
大島さんは、
あだ名が『マリリン』で、
見事な巨乳であった。
私はこの時、
自分が巨乳フェチであることをスルドク知った。
大島さんはスレンダー&巨乳タイプで、
いわゆるナイスバディー、長身であった。
そういえば西川先輩も長身であった。
私はこの時、
自分が、長身フェチであることをケタタマシク知った。
さらには、大島さんはミゴトな鼻の穴であった。
縦長・末広がりで鼻先から小鼻にかけて八の字を描く、
素晴らしい鼻の穴であった。
私はこの時、
自分が、鼻の穴フェチであることをハゲシク知った。
さらに、さらに、
大島さんはミゴトな脇の下であった。
夏休みのある日、
区民プールで偶然出会ったときに垣間見た大島さんの脇の下は素晴らしかった。
香しい 匂いが(嗅いだことないけど)イメージとしてではあったが、私にショーゲキを与えた。
私はこの時、
自分が、脇の下フェチであることをテッテイテキに知った。
余談ですが、こういう匂い関連のことを業界用語で『○☓△のオイニがウンプウンプ』と云います。私はこれをあるギタリストに教わりました。しかしこれを氏から教わるには、もう20年ほどかかってしまいます。
世田谷区立船橋中学校は平成24年4月に世田谷区立希望丘中学校と統合して「世田谷区立船橋希望中学校」になりました。
「世田谷区立船橋希望中学校」のHPは、
続く

コメントを残す