哀愁のウインナーピーマン

哀愁のウインナーピーマン
私の初自腹洋食の『ウィンナーピーマンとライス
千歳船橋の洋食店のは、サラダ油をしき、ウィンナーは縦半分に切って、醤油は炒めずに、仕上げに回しかけていました。あっ、味の素もかかっていました。
あれから約50年経って、
レシピは自分なりにアレンジしてますが、
いつ食べても千歳船橋の味がします。今でも大好きです。
食材
ウインナー(食べたい種類、量)、ピーマン(食べたいだけ)、食育醤油大さじ1、オリーブオイル大さじ2、塩・胡椒適量
作り方
1.ウィンナーの下ごしらえします。鍋に水を八分ほど入れ強火にかけ沸騰させて下さい。沸かしてる間に、ウィンナーに斜めに切込みを入れておいて下さい。沸騰した鍋にウィンナーを投入、弱火にして3〜4分煮て下さい。下茹ですることと、ウィンナーに含まれる添加物を取り除くためです。
2.ピーマンを繊維にそって縦に3〜4mm幅くらいの拍子切りにしておいて下さい。茹で上がったウィンナーはザルにとって、水気を切っておいて下さい。

3..フライパンにオリーブオイルをしき、中火にかけて、ウィンナーを投入。ざっと油をなじませたら、ピーマン投入。これも油をなじませたら、強火にして食育醤油を回しかけ、塩・胡椒で味を決め、全体が馴染んだら出来上がりです!

*食育醤油がない場合は薄口醤油でOKです。

コメントを残す