大地の恵み!大根の煮物と葉の炊き込みご飯

福島県大越の大根
甥っ子の奥様の実家大越から頂いた大根を堪能します。
王道の煮物と栄養満点の葉を使った炊き込みご飯。
薬味には、やはり大越から頂戴した竹茗荷を添えていただきます。
大根は根の部分に、消化酵素のジアスターゼやオキシダーゼを含んでいますので、消化を促進し胃もたれなどを防ぐ効果が期待できます。オキシダーゼは魚の焦げた部分にできる発がん物質も分解する作用が期待できます。さらに、大根の辛み成分のイソチオシアネートには、ピロリ菌の育成を阻害したり、がんを予防する効果もあると云われています。

特筆すべきは葉の部分。
ビタミンA(βカロテン)、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウム、鉄などが豊富に含まれています。特にカルシウム、鉄の含有量が多く、野菜類の中でトップクラスです。
私の家の近くでは葉がついた大根はメッタに売っていないので、頂いた葉付きの大根は、まるで後光が射しているかの如きでした。
食材
○大根の煮物
大根の根の部分(少1本)、水1L、竹茗荷適宜
◎塩麹大さじ2、食育醤油大さじ1、レモン塩小さじ1、酒大さじ1、みりん大さじ1
○大根の葉の炊き込みご飯(3合)
白米2合、もち米1合、大根の葉(茎1本分、葉1/3本分)、油揚げ1枚、お茶1掴み、竹茗荷適宜
食育醤油大さじ2と1/2、酒大さじ1
作り方
○大根の煮物
1.皮付きのままよく洗って、2~3cm幅の輪切りにして面取りをしておいて下さい。
2.鍋に1.の大根をしき、水を入れ強火にかけます。
3.沸騰しかけたら種火にして、◎を投入。コトコトと煮込みます。この時、けしてゴトゴト沸騰させてはいけません。
4.40分くらい煮込んだら火を止め常温に戻します。常温に戻ったら種火にかけて1時間。これを2~3度繰り返したら出来上がりです。

○大根の葉の炊き込みご飯(3合)
1.白米ともち米を研いでザルにあげ30~40分置いて下さい。大根の葉の茎を0.5~1cmの小口に切っておいて下さい。葉の部分は千切りにしておいて下さい。油揚げはお魚グリルなどで軽く炙り、みじん切りにしておいて下さい。
2.炊飯器に1.の白米ともち米、◎を入れ、ひと混ぜしてから炊飯器の炊き込みご飯3のラインまで水を入れます。
3.2.の上に油揚げ、お茶、半分量の大根の茎と葉を入れてスイッチオン。
4.炊き上がったら、残りの大根の茎と葉を入れてよく混ぜ、蓋をして20~30分蒸らして出来上がりです。

食育醤油がない場合は薄口醤油でOKです
レモン塩がない場合はお塩でOKです

コメントを残す