或る日の情景~泉岳寺

参道にあった藪蕎麦
赤穂浪士が縁の泉岳寺。駅でいうと品川の隣で、私が住んでるところも品川の隣の隣の隣なので、『近所』なんだし、、と、いうことで何年か前ですが行ってみました。
都営地下鉄浅草線「泉岳寺駅」A2出口を出て、泉岳寺に向かおうとすると、デデ~ンと現れたのは、私の大好きな老舗の店構え!
しかも『藪蕎麦』!
コレはもう、何かの縁。
赤穂浪士の面々とお会いする前に、蕎麦前で軽く酔っ払っちゃおうと勇んで入店してみました。
まずは常温のお酒に、そば味噌と焼き海苔から、、、。
ン‼、、。むむむっ‼、、。
メニューに蕎麦前の品書きがない!?
ビールはある。
日本酒もある。
そば味噌ない。
カツ丼ある?
焼き海苔ない。
親子丼ある??
卵焼きない。
カレーライスある???
 
いたしかたなく、天ざるに常温のお酒を一本。
藪のお酒は菊正宗という認識でしたが、コチラはどうも違うようです。
続いて天ざる、、、コレガトッテモマズカッタ、、。
なんだかさみしぃ~くなってしまって、泉岳寺見学も今ひとつ盛り上がらず、フシギな一日となってしまいました。
後に調べてみると、
『連雀町藪蕎麦(現・かんだやぶそば)』の創始者堀田七兵衛さんの妹(4人姉妹)のうちの1人が、大正時代になって七兵衛さんの弟子と結婚して、暖簾分けしたのがコチラの『泉岳寺前藪そば』なんだそう、、。
由緒タダシイ『藪蕎麦』だったのですね、、。
それだけに残念な気持ちがしてなりません。
泉岳寺の参道にあった藪蕎麦、『泉岳寺前藪そば』2010年2月閉店。

コメントを残す