或る日の情景〜日本橋人形町02

うぶけや
老舗が大好きです!
てか、老舗の店構えを見るのが好きなんですね。
店中では繋がれてきたシゴトをしている、そんな佇まいが素敵です。
静かです。
当然、風情があります。
お店に往来した数えきれないヒトビトの『気』が溢れています。
勉強になります。
ここは日本橋人形町『うぶけや』
創業天明3年(1783年)!
毛抜き、和バサミ、裁ちバサミ、和・洋包丁、剃刀等、各種打刃物を扱っている刃物屋さんです。
屋号の『うぶけや』とは初代の㐂之助(きのすけ)さんという方が打った刃物が「うぶ毛でも剃れる(包丁、かみそり)切れる(鋏)抜ける(毛抜き)」と、評判を受け、名付けたものだとの由。
 
私が『うぶけや』を知ったのはナニかのテレビ番組で、眉毛の毛抜きが紹介されてました。
番組でも大絶賛でしたので、早速お店に行って購入することに。
お店に行ってみて、驚いたのは、老舗の店構えであるにも関わらず、なにかカジュアルなフンイキ、、。
ようするに入りやすいお店でした。
店内は清潔で、数々の刃物が整然と並んでいます。
購入した毛抜きは8千円くらいで、中の上といたグレードのもの。
職人さんの丁寧な仕事がなされたこの毛抜きは、マッタクもって言うことなし!
購入してかれこれ10年近くになりますが、機能は微塵の乱れもありません。

また、お店で応対したご婦人のサッパリとした、

それでいて親切を極めた客あしらいはとても温かく、
ここが、これからも永く営むことを信じて疑いません。
日本橋人形町『うぶけや』東京を代表する名店です。

コメントを残す