或る日の情景~母との情景1

母との情景1


平成30年2月5日0時35分。
母が死んだ。
享年87歳だった。

母は、とても『キョーボー』で、『ランボー』で、しかも『テキトー』で、たいへん『ホラ吹き』な女性であったが、私のことを一番愛してくれた女性だった。

若い頃は手がつけられないほどの『じゃじゃ馬』だったと亡父が云っていた。

壮年の頃、つまり私が小学生の頃はよく殴られたり蹴られたりした。キック力はジンジョーではなく、その頃流行ったキックボクシングの必殺技『真空飛び膝蹴り』をTVを観ながら研究していたようだった。

晩年は、認知症のせいで『徘徊』して世間を騒がした。
スーパーが好きで、殆ど毎日スーパーを歩き回っていた。
夕方一旦ひとり暮らしのアパートに帰宅するのは、私が夕食を作るか持ってゆくのを部屋で待機し、大人しくしていた風をよそおうためで、夕食が終わり、私が帰宅すると夜の徘徊(コンビニ巡り)がスタートするのだった。
10日に一度は迷子になって、コンビニの店員さんから連絡を受け引き取りに行った。

ある猛暑の日に徘徊の途中で倒れて警察沙汰になった。
意識不明のまま救急車で病院へ。
先生からは覚悟してくださいと云われたが、母はシナなかった。
意識が戻ると母は施設に入れてくれと私に懇願した。
今後一切お金のかかることはさせないから。。。
最後の頼みだからだと、涙ながらに私に訴えた。
そして今後のことを決めておきたいと云った。
あとでゆっくり話そうといってもきかなかった。
この時が母と最後に交わした『真面目な』会話だった。
それはまぎれもなく『母の遺言』だった。

それからまもなく母は埼玉県春日部市の施設に移った。
私の住む品川からは1時間30分位の距離だった。
施設は新築で、それまでひとり暮らしの品川のアパートはゴミ溜めのようだったが、
ここは天国のようにとても綺麗で清潔だった。
母は上機嫌で、施設内を探検し、そして近隣のコンビニをチェックしていた。

しかし3年後のある日、母は転倒し、大腿骨を骨折した。
施設から車で15分ほどの市立病院に運ばれた。
この病院で肺炎にかかり、先生からは覚悟してくださいと云われたが、母はシナなかった。
だが、この時のダメージは致命的だった。
骨折の手術は6~7時間かかるのでリスキーだとのこと、私は独断で手術を拒否し母を車椅子生活者にした。

このあたりから母は私のことが判らなくなることが増えてきた。
「どちらさまでしたっけ?」と云うので、
「息子だよ」と答えると、
ブッタマゲタ顔をして「ほんとデシか」と云うので、
「ほんとデシよ」と答えると、
「ウソつくんじゃないよ!」と睨まれた。。。ちょっと怖かった。。。

入院した病院は長期入院は無理とのこと、、、
要するに追い出された。
施設の方も車椅子生活などのケアは無理だとのこと、、、
要するに追い出された。

幸いなことに、近所に長期入院の可能な病院がありそこへ移った。
平成27年の12月1日のことである。
ここが母の終の棲家となった。

この病院に移ってからは、母はいつもうずくまっていて、そのキョーボーな面影はヒトカケラもなくなっていた。

最後に交わした会話は死の数ヶ月前、
「スパゲてぇ〜が食べたい。。。」だった。
その「スパゲてぇ〜」は作ってやることができなかった。
私ら親子らしい最後の会話だった。

コメントを残す