或る日の情景~旧東海道界隈01

鯨塚の傍らで
私が住むところから歩いて10分ほどでしょうか、八ツ山通り沿いに利田(かがた)神社が鎮座し、その境内に「鯨塚」(品川区指定有形文化財)があります。
八ツ山といえば八ツ山橋、、。
そう、『ゴジラ』が上陸したところです。
1954年公開の初代ゴジラは、太平洋での水爆実験で太古の眠りから目覚め、東京湾から品川に上陸し、北品川駅北側の八ツ山橋を皮切りに、破壊の限りを尽くしていくという設定でした。
そういえば昨年の『シンゴジラ』もオマージュというのでしょうか、この八ツ山橋に出没します。
シンゴジラはよくできている映画で、近所に住むものでも、「おおおっ!」と思わず唸ってしまう風景描写で、そこにゴジラが出没し、破壊してゆくサマは、とてもリアルで、私なんぞはワクワクドキドキ不思議な興奮を覚えたことを今では誇らしく思う今日此の頃です。
その156年前のこと、
寛政10年(1798)5月1日、品川沖に迷い込んだ鯨を漁師さんたちが天王洲の浅瀬に追い込み捕らえたイワユル寛政の鯨事件。
品川宿は大いに賑わい、ときの第11代将軍徳川家斎さんも上覧された由。
捕らえられた鯨はシロナガスクジラ?で、体長が九間一尺 (約16.5m)、高さ六尺八寸(約2.04m)と伝えられています。
このクジラの骨を埋めて、その上に供養碑として建てられたのがコノ鯨塚。
当時は江戸っ子の格好の見世物となり、多くの人が集まったと云われています。
全国には多くの鯨の墓(塚・塔・碑など)が散在しているそうですが、東京に現存する唯一の鯨碑が、この鯨塚なんだそうです。
んんん~、、。
ゴジラの話のほうが面白いと思うのは私だけでしょうか、、。

コメントを残す