或る日の情景~京都界隈01

京の夜桜
今から3年前、友人に会いに京都へ。
夕食に訪れた川べりの洋食屋さんは、友人の行きつけのお店で、窓から垣間見た桜の光景に、深ぁ〜い感銘を受けました。
京都には、一緒に仕事をしたことのある女性ヴォーカリストさんが祇園にいらっしゃって、それが縁でこの界隈の素晴らしさを知りました。
そのヴォーカリストさんは病にも負けず今も健在!
誇り高き古都に生まれて育った女性の美しさと強さは、
時間を重ねてゆくたびに輝きを増してゆくかのようです。
 
友人と食した一品一品はどれもあたりまえのように美味しくて、
洋食でありながら和食を感じさせる味つけは、東京のど真ん中直球ストライクとは趣が違って、内角低め、コーナーぎりぎりカットボールでストライクとでも申しましょうか、
一筋縄ではイカせない、さりげなく振る舞いつつスゴみを感じさせる、いやはやなんともコワイ文化のお土地柄です…。
千年の都と呼ぶにふさわしい風情と佇まい。
洛中に潜む人々の息づかいに触れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す