或る日の情景~北品川界隈03

地元のお祭り
6月2日から4日まで地元のお祭りでした。
品川神社例大祭(北の天王祭)。
いやあ〜、盛り上がってます!
お祭りといえば、小学校4年生の頃、千葉の祖母のところに預けられていた私はこの田舎で、初めてお祭りを体験しました。
それ以前の記憶はありません。
その頃、祖母の家には母の妹夫婦がその子供たちと共に同居してい、私はお客さん、それも3等列車扱いだったので、肩身も狭く、お小遣いもなく、以来、東京に越してきてからも、お祭りにはあまりいい思い出がありませんでした。
ソレが中学生の頃になると、お祭りが俄然オモシロクなります。
ナゼかというと、、。
ンまぁ~、お兄さんたちは『粋でイナセな』男ぶり!
お姉さんたちは『小股の切れ上がった』女ぶり!
男子たちのツッぱり合い。
女子たちの可憐な浴衣姿。
ソースせんべいや、ソース焼きそば。
そして夢中になった『かたぬき』、、。
(『かたぬき』はネットで調べたらYahoo!ショッピングで100枚入り¥648で売ってた!)
ひやぁ~、楽しいこと楽しいこと!
で、オヤジになって。
世田谷から東品川に越してきて、出会った『品川神社例大祭』!
コレはもう、千葉の田舎や世田谷のものとは別物で、
公表されているスケジュールを見るだけでも、まるで違います。
6/2(金)宵宮
6/3(土)鈴山車巡行、子ども神輿出御、大人中神輿出御 連合渡御宮入

6/4(日)鈴山車巡行、子ども神輿出御、大人中神輿出御、品川神社神幸祭 階段を担ぎ上げて宮入。

とまぁ、なんと云いますか、長い時間がかかっていて、その時代ごとに大人が真剣に取り組んでいて、神を敬い、崇める日本の『心』が織りなす一大行事なんですね。

私には幸いにも、北品川で生まれ育った古い友人たちがいて、『品川神社例大祭』のいろいろなことを教えてもらっています。
深く感じ入るのは、彼らはシンケンで、スルドク情熱を向けており、私なぞのようなピョッとでの地元モドキ人間は、ヒタスラつつましく、敬意を持って、このお祭りに接するヨロコビを、彼らとともに噛みしめていかねばいけませんね。
これからもここにズーッと住まいたいと思う今日此の頃です。

コメントを残す