或る日の情景~銀座界隈01

Bar Lupin Ginza
銀座ルパン
1928年(昭和3年) に開店した銀座のバーです。
初めて訪れたのは40年近く前で、当時勤めていた会社の社長に連れてきてもらいました。
もっぱら新宿のゴールデン街やションベン横丁(思い出横丁)でヘベレケになっていた私には銀座のバーだなんて『とんでもございません』という感じでしたが、恐悦至極で社長の背中を追って入店したことが思い出されます。
そういえば「ルパンに行ったよ」と、要介護5で寝たきりになる前の母に、そう報告したトコロ、「懐かしいねぇ、お父さんとよく行ったよ」と、母は私に嘘をつきました。
母は一滴もお酒が飲めない女性なのです。
今は亡き父も「お母さんとルパン?行ったことないなぁ~、お母さんは呑むより喰うだったから、、。隣の鳥ぎんはよく行ったけど(笑)」との由。
しかし昭和6年生まれで東京に憧れて上京した母にとって銀座は聖地、ドヤ顔で銀座を語る母の横顔は晴れやかでキレイで、とても素敵な情景でした。
ルパンへは、織田作之助・坂口安吾・太宰治など『無頼派』と云われるソーソーたる作家さん達が出入りしていて、店内には彼等の来店時の写真が飾られています。
中でも太宰治の写真はツトに有名で、太宰ファンの方なら一度は目にしたことがある写真ではないでしょうか。
私は太宰治よりも手塚治虫の人間なのですが、この太宰治の写真は素晴らしい写真で、当時の東京銀座の情景が忍ばれる貴重な写真でもあります。
そんな写真を横目に、また、昭和の風情あふれる店内のフンイキに身をユダネて、伝統のドライ・マティーニを頂く、、。
いいなぁ~、、。とっても素敵だなぁ~、、。
また、ルパンで使うウィスキーグラスの中には、開店当時から使っているものもあって、運が良ければ太宰治が呑んだグラスに出くわすかも!?
と、なると太宰治と間接キッス!
また、ルパンのお手洗いのドアノブは当時のままなので、太宰治と間接タッチ、、。
むむむっ、太宰治ファン、あるいは『無頼派』 の愛読者はたまらないでしょうね。
いやぁ~、、。
やっぱ老舗っていいなぁ〜。
店内には大勢のヒトビトのタクサンの情景が埋め込まれているわけです。だからダナラヌ気配がするわけです。ソレが良いんですね。
ハァ〜、せっかく止めれたお酒ですが、また呑みたくなっちゃったなぁ、、。
だなんて思わないよう、頑張らなければいけない今日此の頃です。

コメントを残す