或る日の情景~花01

傍らのツツジ
『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』を観るたび、号泣している還暦のオヤジです。
TVアニメで見事にハマりました。
かつて花の名前を気にかけたことなどない、呑んだクレのオヤジです。
ところが昨年末に酒を断ってから新たな情景が見えるようになりました。
ソレが『花』です。
 
気に留めるようになると東京にもたくさんお花があって、我が家の近辺にもソコカシコに健気に咲いているのを知ってウレシイ今日このごろです。

いつだったか、薔薇の蕾み見て「キャーいいチューリップ!」と云って家内に爆笑されたことがありました。

以来、家内は花があれば「これなぁんだ?」と云って問いかけ、私のトンチンカンな答えを期待するようになりました。
我が家から、すぐ近くの地元の大手スーパーに向かう歩道の傍らに、ツツジの花がたくさん咲いています。
どうやら5月といえばのお花のようです。
私の年代で『花』というと黒澤明監督の名作『椿三十郎』で、
椿の名シーンが目に浮かびます。
この映画のお陰で、少しは花に詳しくなった私はこの歩道の傍らに咲いた花を一発で『ツツジ』をとアテました。
家内が驚いた顔で「なんで知っているの?」何やら怪しむ様子!?
いやはや、ナニをやっても怒られて、頭の上がらない還暦の今日このごろです。

コメントを残す