或る日の情景~晩ごはん20

スパゲッティバジリコ。

母はこのパスタを『大葉と海老のスパゲてぇ〜』と云って大好物なんです。
出処は飯倉片町『キャンティ』の人気メニュー。コレを1976年にオープンした『六本木ゼスト』(※グローバルダイニング)がメニューに取り入れ、そのゼストに1977年、バイトで入った私がこのスパゲッティを教わり母に饗したという次第デス。

 食材(2人分)
パスタ麺200g、冷凍エビ100g、ニンニク3〜4片、大葉5〜6枚、オリーブオイル大さじ3、バター15g、※1万能ハーブミックス適量、塩・胡椒適量
※1万能ハーブミックスが無い場合は塩・胡椒でOKです。
作り方

1.ニンニクは皮を剥きスライスします。大葉は粗みじん切りにしておいてください。

2.鍋にタップリ水をはり、強火にかけて沸騰させてください。そこへお湯の1%相当の塩を入れてください。
3.2にパスタを入れます。表示時間の1分前に引き揚げます。
4.フライパンにオリーブオイル、バター、冷凍エビ(冷凍のまま)、ニンニクを入れ、中火にかけてください。
5.ニンニクが焦げる前に200mlのパスタの茹で汁を投入、万能ハーブミックスをふりかけよく混ぜ合わせてください。馴染んだ感じになったら火を止め、パスタが茹で上がるのを待ちます。
6.パスタが茹であがったたら、フライパンに投入、ひと混ぜして、大葉を投入、出来上がりです。
※1973年に有限会社長谷川実業を設立 し、高田馬場に喫茶店「北欧館」をオープン。1976年「六本木ゼスト」を皮切りに、「カフェ ラ・ボエム」「ゼスト キャンティーナ」「モンスーンカフェ」「タブローズ」「ステラート」「権八」と次々にエンターテインメントレストランを都内中心に展開する。

コメントを残す