或る日の情景~猫04

流浪の以蔵
オスのブラックペルシャ、人なつっこくて、穏やかで、不器用で、、。
武闘派こきちクンに引きずりこまれた闘争に敗れ、負け犬のようになってしまった以蔵クン、、。
君は今、何処にいらっしゃいますか?
逝ってしまった猫のことが忘れられない還暦のオヤジです。
既に記した通り我が家には3頭の猫がいらっしゃいました。
最初がチンチラシルバーの『お蝶』、次がこの『以蔵』、最後がアメリカンカールの『小吉』。
以蔵クンはブリーダーさんから譲っていただいたペルシャで、血統はとても良い猫でした。
キッカケはお蝶チャンの『ケツの穴事件』で
私が家庭内で孤立し、家内に泣いて頼んで家族にした猫でした。
ところがコリない私の悪行三昧!
酔っ払ってデカイ声を出すは、ドカドカと歩き回るは、嫌がる彼を抱きまくるはで、結局嫌われて、、。
挙句は「以蔵クン♡』と私が呼ぶと、「シャアあああっ!」と威嚇する始末、、。
そして、彼の最大の悲劇は『小吉』の登場、、。
こきちクンはハナっから強気で、しかもミルミル巨大化して、1年も立たないうちに以蔵クンより大きくなって、、。
ツンデレのお蝶は、オーボーなこきちクンに屈しなかったのですが、穏やかな以蔵クンは、イジメられっぱなしで、しまいにはご飯もトイレもさせてもらえない始末、、。
私達夫婦は熟考に熟考を重ね、ある方に引き取ってもらうことにしたのです。
そのある方にはパートナーがいらっしゃって、それはもう大事にしていただいて、シアワセに暮らしていたとの由。
メデタシ、メデタシだったのですが、、。
そのある方たちが別れることになって、以蔵クンはある方のパートナーさんが引き取ることに、、。
私共夫婦は、パートナーさんとは面識もなく、
結局、以蔵クンのその後の消息は知らずじまい、、。
なんとも無責任な飼い主となった私共夫婦です。
せめてもの救いは、こきちクン、お蝶チャンの最後を見とれたことですが、やはりナニかが引っかかって、彼らを亡くして、かれこれ10年になろうとしていますが、もう一度『猫』をと決心できない今日このごろです。

コメントを残す