或る日の情景~猫01

こきちクン
オスのアメリカンカール、綺麗なブラウンマッカレルタビーの大柄な猫で、写真は5〜6歳の頃で約12kgぐらいありました。
2008年の6月に腎不全で、私と家内の目の前でゼイゼイいって、逝ってしまいました。
まだ10歳でした…..。
 
仰向けの私にノッかるのがお気に入りで、この体制でフミフミされると私もイッてしまいそうで困ったモノでした、、。
性格は憎めないバカヤローで、『ヌキ足サシ足』が売りの猫のはずデスが、彼の場合はドタバタいわせて歩きます。
ので、『ダルマさんがコロンだ』遊びが、大きな足音でバレバレになって面白くありませんでした。
名前は幕末の巨人『勝海舟』のオヤジ『小吉』からとりました。
勝小吉はチャキチャキの江戸っ子で喧嘩が大好き。
腕っぷしも剣の腕も優れ、道場破りをして徘徊、不良旗本として恐れられた暴れんボーです。
こきちクンも、生後2ヶ月で我が家に来た初っ端に、先輩猫にむかって、ナナメぴょんぴょん跳びで果敢に挑発するその姿に、ビンボー旗本『小吉』の姿が被った次第です。
小吉くんは、その死の2年前に、腎不全で余命1週間と宣告され、心優しい獣医さんのすすめで自宅に引き取ることにし、余命を見守ろうとしたのですが、なんとそれから2年間、生きながらえました。
私は、看病する家内の気合と根性に、そして、ヒトの気持ちというのを、ドウブツはちゃんと受け取るものなんだと、つくづくカンプクしました。
この時の家内の振る舞いは、人としてタイヘン立派なもので、今でも尊敬してやまない、素敵な女性です。

コメントを残す