scene-chapter1-9

scene-chapter1-9

話を戻します。

ともあれ私は小学4年生の夏休みに、母と共に東京に出て、親子二人の新生活は始まった。
父の眼から逃れるため、甚だ慌ただしい転居だった。
住居は小田急線の千歳船橋駅で降りて徒歩5〜6分。
木造2階建て、四畳半一間、共同台所、共同トイレ、共同洗い場というアパートだった。
私らは2階の階段を上がって3番目の部屋に住んだ。
新学期が始まるまでには少し間があって、私は久しぶりに母の温もりを満喫したかったが、母は私の転校の手続きやらナンやらが大変だったらしく、非常にキョーボーになっていて、ニャンニャン甘えようとすると、ヒッパタカレたりするので迂闊には近寄れなかった。
余談ですが、
私が少年の頃というのは、子供はよくヒッパタカレていたものである。私も母によくヒッパタカレていた。
念のため云う。
叩かれたのではない。
ヒッパタカレたのである。
ヒッパタクという行為は優しさにアフレテいる。
叩くとか蹴るとかとはマッタクの別物だ。
叩く蹴るには優しさなどミジンもない。
この頃はヒッパタクという行為は日常的で、ありきたりであった。
親だけでなく、学校の先生にもよくヒッパタカレた。
ワルさをすると行き交うおじさんにもヒッパタカレた。
大人達は当たり前のように子供をヒッパタイたのである。
またそれを咎める者など誰一人いなかった。
そうやって子供は社会のルールと礼儀を覚えた。
古き良き時代の話である。
東京での新学期が始まった。
そこで私は仲間外れにあった。
初めての経験だった。
それは小学校を卒業するまで続いた。
このときの経験は私の中の闇として今も消えることはない。

鬱々とした日が続いた。

そんな或る日、母がギターを買ってくれた。

引きこもっている一人息子を不憫に思ってのことであろう。
母はキョーボーで、大ホラ吹きな女性ではあったが、私に対する愛情は一途で、ひたむきで、強く、深く、要するにグレイトな母親であった。
母が買ってくれたギターは、無名のガットギターで、セットで教本がついていた。
練習曲は『荒城の月』『ドナドナ』の2曲だった。
『ドナドナ』は知らなかったので、『荒城の月』で練習した。
弾いてみると、指がイタイ、イタイで、中々上手く弾けなかった。
わが家の財政事情はとてもキビシク、私はそれを認識していた。だからオネダリなんぞ、けしてしない子供だった。
母はそれを気にしていたらしく「まったく、これ見よがしに我慢しちゃっててさぁ。」と、後年それを私に明かしたことがある。
だがこの時ばかりは、仲間外れの息子を哀れんで、無理して買ってくれたギターなのである。
私はとても嬉しかった。
だから頑張って上手く弾けるようになって、早く母に聴かせてやりたかった。
それなのに私は中々上手くならない。
なんだか母に申し訳ない気がしてたまらなかった。
転機が起こる。
私たち親子の、当時の住まいのことは既に記したが、そのアパートの隣部屋に、キレイなお姉さんが独りで住んでいた。
私は友達がいないので、学校が終わるとソソくさと帰宅する。
時間でいうと15時過ぎだが、なぜだかそのお姉さんは、その時間帯にいつもアパートにいた。
私はそのキレイだがアヤシイお姉さんが気になってしょうがなかった。
あるとき、
「ギターやってンの?」アパートの通路でお姉さんは私に話しかけてきた。
私は中1の頃からモーレツに色気づくが、まだこの頃は無頓着だ。
「ウン、やってる。うるさい?迷惑?」
「ンンん、大丈夫。」
「上手く弾けなくて…。」
「お姉さん、ちょっと弾けるよ。教えてあげようか?」
「え、ほんと?」
「おいで。」
私はお姉さんの部屋へとイザナワレテいった。
続く

コメントを残す