scene-chapter1-19

chapter1-19
私はなんと腹筋50回もクリアしてしまったのである。
ここは大いにドヤ顔したいトコロだが、それどころではなかった。
私の体と精神はドコか遠いトコロに行ってしまったようで、ホボ幽体離脱状態になっていた。
腹筋のあとも、体育館の壁に背を付けて、ヒザを90度に曲げ、なおかつ両腕を『前に並ヘ』して、数を50まで数えるというカコクなトレーニングをしたような気がするがよく覚えていない。
だが、最後に『校門まで駆け足往復リレー』というのが行われたのは忘れもしない。
「先頭は立石、いけ〜!」と、飯田先輩は、後に私の大親友となる立石君に、先頭スタートを命じた。
「次は山路!待機!!」と、次は私の番である。
この頃の私どもにはユニフォームなどあるわけもなく、胸にマジックで名前を書いた体操着を着用していた。
飯田先輩がケイカイに我々一年坊の名前を呼べるのはここに起因する。
一人だけその体操着に名前を書いてない輩がいた。
私はモーローとした中で「コイツは呼ばれないのかな…?て、ことは走らなくていいのかな…?」
などと意味不明なことをブツブツ言いながら、生まれて初めて『神様』と、『仏様』に何事かをお願いした。
何をお願いしたかは覚えていない。
立石君はびしょ濡れになって戻ってきた。
次走の私も往復200mほどの距離を必死に走リ、戻った…ような気がする。
このリレーは10数人いる一年坊を2つに分けて競い合うのであるが、アンカーまで走り終えると、また先頭に戻って繰り返し、これを残り少なくなった部活時間いっぱいまでやるのである。負けたチームにはペナルティがあった。
私は『無我夢中』、というモンゴンをこの時初めて知った。
そして『為せば成る』、というモンゴンもこの時初めて知った。
続く。

コメントを残す