scene-chapter1-14

chapter1-14
 
私の初めての料理は、小学4年生の冬で、作ったのは目玉焼きだった。
どういう経緯で料理したかは覚えていない。
だが、はっきりと覚えていることがある。
失敗した。
もう一度云う。
食べることができないくらい失敗した。
いくつかの要因と原因がある。
まず、目玉焼きなのにウズラの卵を使ったことである。
私は今、日々料理をしている者だが、
『ウズラの卵の目玉焼き』というのはツイぞ聞いたことがないし、見たこともない。
ウズラの卵で目玉焼きだなんて、どうして作ろうと思ったのであろうか。
よく覚えていない。
また、私はこの時フライパンに油を引かなかった。
正確に云う。
フライパンに油を引くのを忘れた。
さらに正確に云う。
フライパンに油を引くのを知らなかった。
当時のフライパンは鉄製のものが大半で、我が家のフライパンも鉄製であった。
今時のテフロン製と違って、鉄製のフライパンは油を引かないとタチマチ焦げてしまうのである。
当然のことだが、この『ウズラの卵の目玉焼き』は焦げた。
私の料理初挑戦は大失敗に終わった。
そして私は、真っ黒に焦げてしまった目玉焼きとフライパンを見てアセった。
フライパンが焦げ付きだらけで、見るもムザンに汚いのである。
一刻も早く、かつ、アトカタもなく、キレイにしないと、母が帰ってきてしまう。
こんなフライパンを見てしまった途端、母は猛獣から怪獣にヘンシンして暴れるのである。
私は速やかにアパートの共同台所で、フライパンの清掃をした。
清掃しつつ、とても悲しい気持ちになった。
「これではいかん」と思った。
以来、私は調理の過程を気にするようになった。
ジョーレンの中華料理店でも、店主の注文をさばく何から何までを注目するようになった。
店主のフライパンさばきはミゴトだった。
その佇まいも、職人の機能性に富んだ素晴らしいものだった。
また、私はこのジョーレンの中華料理店以外のお店にも興味をもつようになった。
すぐ近所に洋食屋さんがあった。
ここも残念なことに店名を逸した。
店先に立つと独特の香りがした。
あきらかに中華料理店とは違う香りだった。
それはバターや、ドミグラスや、牛脂の香りだと後でわかった。
このお店に入ってみたいと思った。
店先のショーウィンドウは、魅力が満載だった。
ただこのお店には問題がひとつあった。
高価なのである。
しかし、私には母のオトコマエによって貯められたお金があった。
私はナガ~イ検討の末、或る日この洋食店に入った。
続く

コメントを残す