scene-chapter1-13

chapter1-13
 
ラーメン一杯40円。1967年頃のことである。
私は母に連れられて、
千歳船橋駅からほんの2〜3分のところにある中華料理店で40円のラーメンを食べた。
確か『ラーメン』ではなく『中華そば』といってたような気がする。
これがとってもウマカッタ!
「美味いかい?」と問う母に、「とっても!」と答えた。
これで決まった。
母はこの店を選んだ。
お店の名前は残念ながら逸してしまったが、
まだ若い、30代の御夫婦と、アルバイトっぽい店員サンとで営んでる、ソコソコ広い中華料理店だった。
お勘定する時、母はおカミさんとホンの少しの間二人で話をしていた。
やがて私のところにおカミさんが近づいて来て、
「よろしくね!ちっちゃい常連さん。」と云った。
私はこのとき初めて『ジョーレン』というモンゴンを知った。
そして私はこの店の常連となった。
朝、目覚めるとチャブ台の上に50円が置いてある。
私の夕食代だ。
私はこのお金で常連である中華料理店に行き、40円のラーメンを注文する。
10円お釣りが来る。
母に返そうとしたら「釣りはいらないよ、好きに使いな。フン」とか云って、私の顔を見もせずにツブやいた。
でもスグに「男前だろ!」とか云って母はドヤ顔になった。
私はこのとき初めて『オトコマエ』というモンゴンを知った。
そして私は大人になるまで『オトコマエ』は女性がなるものだと思っていた。
「今日もいつものでいいのかい?」
「うん、いつもので。」
私はこの店主との掛け合いが大好きで、
ジョーレンの醍醐味!というか、大人っぽくてカッコよろし!というか、
同級生の連中とはワケが違うんだもんね、、フン。という感じであったが、
さすがにラーメンばかりはツラくなってきた。
オトコマエな母によってお釣りの10円が、ありがたいことに随分貯まってきた。
ここはひとつフンパツしたいところだが、店主との掛け合いも捨てがたい。
うううむぅ、悩むではないか!などとモゴモゴしているある日。
いつものようにラーメンを啜っていると、突然餃子が出てきた。
もちろん注文してはいないので呆気にとられていると、
「注文がキャンセルになっちゃってさ。」と店主が私の顔を見もせずにツブやいた。
でもスグに「ご奉仕!」とか云って店主はドヤ顔になった。
私は初めて『ゴホーシ』というモンゴンを知った。
そして私は大人は照れると目を合わさないということも知った。
だが、これはありがたかった。
私は思わず、
「うわぁ~、うれしい!美味しそう!!」と云ってハシャイでみせた。
私はこういうところがイヤラシイ子供なのである。
しかし店主はマンザラでもなく、以来「ゴホーシ!」と云っていろいろなものを出してくれた。
なにもない時は白飯を出してくれた。
私は密かに『ラーメン半ライス』を初めて食した小学生は私ではないかと自負している。
また私は偏食であったが、
この時の『ゴホーシ』で大概のものが食べれるようになった。
私はこの店で得難い『食育』を受けたのである。
続く

コメントを残す