scene-chapter1-10

chapter1-10

隣のお姉さんは、名前を『ケイコ』さんといった。

年の頃なら25〜28歳、色白で細オモテ、一重瞼の和美人で黒髪が肩よりも少し長く、ワケめは真ん中で、細くて薄い髪だった。
巨乳ではなかった。
少し鷲鼻だが、素晴らしい鼻の穴だった。
ケイコさんの部屋は同じ間取りなのに明るくて、いい匂いがする部屋だった。
部屋に入るとケイコさんは紅茶を振る舞ってくれた。
紅茶を飲むだなんてひょっとしたら生まれて初めてだったかもしれない。
まっ、そこのところは定かではないが、ともあれ私は生まれて初めて美味しい紅茶を頂いた。
私とケイコさんのお隣サンのお付き合いは、私が中学2年に上がるくらいで終わった。
ケイコさんが引越したのである。
その間、ケイコさんは二人の男性とフンフンしていた。
一人めはボクサー上がりのコワオモテで、アパート内の評判は良くなかった。
母も「あの男には近づくんじゃないよ。」とその男よりもコワオモテな顔で私に云った。
ケイコさんは無口で、一見オシトヤカなタイプであったが、
居着こうとしたそのボクサー上がりに嫌気がさし、
キョーレツな啖呵を切って喰らわせて追い出したんだそうな。
アパート内ではそれが評判となり、ケイコさんは、一躍皆と仲良くなった。
「隣にはあんまり行くんじゃないよ!」と云っていた母もすっかり態度が変わった。
それに拍車がかかる事態が起こる。
ケイコさんの新恋人が、ンまぁ〜、イケメンで、
母は「顔だけじゃないんだ、何といっても気持ちが良いんだ!」
と私には意味不明なことを云ってハジャイでいた。
この彼氏はタイソウな人気で、またたく間にアパート内のアイドルとなった。
残念なことに名前を逸してしまったが、現役の国士舘大学生、
元中距離の陸上選手で、国体にも出場したことがあり、
その時のメダルを私は見たことがある。
あるとき、アパートの共同台所で、
おばさんたちがキャーキャー云っていた。
その彼氏くんが料理をしていたのである。
野菜炒めのようなものを作っていたと思う。
その当時、私は目玉焼きによって料理デビューを果たしていたが、
彼氏くんの作る料理は、
私の概念を根底からホーカイした。
豪快で、山盛りで、男っぽくて、
カッコ良かった。
私は食べ物の好き嫌いが多く、
食べるものといったら、
カレーライス、
ソース焼きそば、
ホワイトシチュー、
ハムエッグ、ぐらいなもので、
母の悩みのタネであったが、
私はこの彼氏がノタマウ、
「男はガンガン食わねばならぬ!」に、
大いに傾倒し、好き嫌いが徐々になくなった。
私はどうやら、
この彼氏と、ケイコさんによって、
大人の男に向かい始めたようである。
続く

コメントを残す