身体に優しい自家製トマトソース

身体に優しい自家製トマトソース
「トマトが赤くなると医者の顔が青くなる」と、私の母がよく語っておりました。
母は「千歳船橋のホラ吹きクイーン」と謳われた烈女ですが、トマトのことはホラを吹かなかったようです。
トマトは多くの効能を有していて、ビタミンA(βカロテン)、ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン)、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンK、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、マンガン、リン、鉄、亜鉛、食物繊維などを含んでいます。
中でも特筆すべきは赤み色素のリコピン。
これはβカロテンの2倍、ビタミンEの100倍の抗酸化作用が期待できると云われており、βカロテン、ビオチン、ビタミンC、ビタミンEとの相乗効果で生活習慣病の予防、美肌効果、老化防止、がん予防効果なども期待できます。また、酸味成分のクエン酸には疲労回復効果や血糖値の上昇を緩やかにする作用があると云われています。
今回の食育レシピは、自家製トマトソース。カットトマト缶でとても簡単にできます。自家製ですから塩分や脂質をカスタマイズできます。皆さんのご家庭に合ったトマトソースを作りましょう!
食材(3〜4人前)

カットトマト2缶、玉ねぎ中2ヶ(みじん切り)、ニンニク3片(みじん切り)、オリーブオイル大さじ3、塩小さじ1、オレガノ適量、ローリエ1枚、水800ml

作り方

1.フライパンにオリーブオイルと玉ねぎを入れ、弱めの中火にかけて焦がさないように注意しながら5〜6分ほど炒めてください。

2.次にニンニクを入れ、軽く炒めたらカットトマト缶、水、レモン塩、オレガノ、ローリエを投入、やはり焦がさないように20分ほど煮込んでください。

3.途中アクが出ますので丁寧に取り除いてください。

4.時間になったらヘラ等ですくって確認。モッサリしてきたら出来上がりです。

*小分けして冷凍すれば1週間くらい保存可能です。

「身体に優しい自家製トマトソース」への2件のフィードバック

コメントを残す