感涙のほうれん草とパンチェッタのバター醤油炒め

甥っ子の奥様の実家から新鮮な野菜をたくさん頂きました!
産地は福島県の大越、ベラボーに美味い!
うまい!ウマイ!!美味い!!!
福島県の山の幸・海の幸のことを風評にまかせて悪く云う方がいらっしゃいますが、そういう御仁は、ゴキブリかなんかにカジられて、スルドク貧しいジンセイを歩むことになるやも知れませんのでご注意ください。
今回のレシピは頂いた野菜の中からほうれん草を選んでみました。
食材
ほうれん草4束、パンチェッタ50g、温泉卵1ヶ、ニンニク小さじ1、食育醤油大さじ1、無塩バター大さじ1、オリーブオイル大さじ1、塩・胡椒適宜 、フライドオニオン適宜 
作り方
1.ほうれん草はよく洗いザルにとって水を切っておいて下さい。ニンニクはスライスして下さい。パンチェッタは0.5~1cmに切っておいて下さい。
2.1.のほうれん草の房を切り落として、茎と葉に切り分け、葉の部分を2等分にちぎります。
3.フライパンにオリーブオイルをしき、パンチェッタ、ニンニクを入れて中火にかけます。
4.全体的にオイルがなじみ、ショワショワしてきたらほうれん草の茎を投入、ざっと混ぜたら葉の部分を投入して炒めます。
5.シンナリしてきたところで無塩バター、食育醤油を入れ、なじんできたら塩・胡椒で味をきめて下さい。お皿にもって温泉卵、フライドオニオンを添えたら出来上がりです。
大越の野菜がバツグンなのでとても美味しかったです。
ほうれん草は 100gあたり4200μgある豊富なビタミンA(βカロテン)、病気や老化の原因となる活性酸素の発生を抑える作用、免疫活性作用、発がん抑制作用、粘膜や肌の健康を保つ効果が期待できます。
期待できる効果効能をまとめると、
免疫力向上、感染症の予防、疲労回復、高血圧の予防、貧血の改善、老化防止、がん予防、疲れ目・眼球乾燥(ドライアイ)の予防改善、美肌効果、利尿などがあげられます。
食育醤油がない場合は薄口醤油でOKです。

コメントを残す