食育玉葱酢

食育玉葱酢

私は血がサラサラになる、だなんて謳われると、何はともあれ試してしまう年頃です。
玉葱の硫化アリルという成分が、血をサラサラにする効果が期待できるとのこと。そしてもうひとつの注目成分がケルセチン。これは、抗酸化作用が強い成分の一つで、悪玉コレステロールを減少させてくれる効果が期待できると云われています。 一方、お酢の効果もたくさんあって、抗菌効果、疲労回復、カルシウムの吸収促進。またお酢の主成分酢酸は、高血圧の血圧低下、食後の血糖値の急な上昇を緩やかにすることが期待できるとのこと。
むむむっ、このコラボは最強ですね。
血も心も汚れてしまった私にはうってつけの常備菜です。
-食材-
玉葱中1個(約200g)
お酢大さじ5( 米酢、黒酢、リンゴ酢などの醸造酢)
塩適量
蜂蜜大さじ1.5~2(お好みで)
ローズマリー、タイム適量
-作り方-
1.玉葱を軽く水洗いし、皮をむきます。
2.皮をむいた玉葱を薄くスライスして、15分以上そのまま置いておきます。このとき、水にはさらさないようにしてくださいね。
3.保存容器に2の玉葱とお酢を入れ、さらに蜂蜜、ローズマリー、タイムも入れます。
4.冷蔵庫に1晩入れておけばできあがりです。

玉葱酢は、2~3日ほど寝かすと食べごろになります。 1日に20g程度を目安に、お酢も一緒に飲むとより多くの効果が期待できます。食べ過ぎると胸焼けしたり、胃腸の調子が悪くなったりすることがあるので注意して下さい。

コメントを残す