或る日の情景~五反田

五反田
私にとって五反田は、今は亡き父との思い出の街です。
まだ高校生だった私を父は、
『キャバレー』という不思議なカテゴリーのお店に連れてってくれました。
それが五反田でした。
私はこのキャバレーで、初めて父の『好みのタイプ』を知り、驚愕したことが忘れられません。
何故ならば、あまりにも似ていたのです。
私の『好みのタイプ』と、、。
この日の父は、ハゲシク上機嫌で、私もスルドク呼応し、親子でハテシナク夜の街かどを盛り上がりました。
以来、父と私は度々五反田にシュツボツします。
待合せはいつも決まって、駅前路地裏の洋食グリルエフ(昭和25年創業)。
嬉しいことに、この洋食屋さんは今も健在です。
趣のある店構えは圧巻です。
 
親子の五反田通いは1年ほど続きましたが、
或る日突然終わりました。
父の係の女性が移店したからです。
ようやく、イカガワシイ親子のキャバレー通いも終わりとなりました。
父と私は、1年振りにタダシイ親子のカタチに戻ったのでした。

コメントを残す