或る日の情景〜晩ごはん36

晩ごはん36〜鰹のぶっかけ蕎麦。
この暑さの突破口をひらくため、あるいは夏バテの出足をとめるため、ぶっかけ蕎麦をこきざみに喰うこと。
♪サンドォォォ~バァアックにぃ~浮かんでぇ~消え~るぅ
(あしたのジョーですけどナニか。。。)
この際、ひじを左わきの下からはなさぬ心がまえで、やや内角を狙いえぐりこむように打つべし。正確なジャブ三発につづく右パンチは、その威力を三倍に増すものなり(明日のために〜その1)
食材(2人前)
流水麺蕎麦、そうめんのつゆ(ストレートタイプ)2カップ、鰹のお刺身120g、大蒜(好きなだけ)、オリーブオイル大さじ2、すだち・アボカド・プチトマト適量
【薬味】玉ねぎ、ミョウガ、大葉、生姜、
作り方
1.小さめの鍋に、ニンニクとオリーブオイルを入れ、弱目の中火でコンガリと焦げめがつくまで揚げ炒めます。揚げ炒めたら火を止め、余熱で火をとおします。
2.鰹はそぎ切りに。薬味はお好みでみじん切りや細切りにします。

すだち・アボカドは薄くスライスして、プチトマトはヘタを取って半分に切ります。

3.ボールに2をぶち込み、そうめんのつゆ(ストレートタイプ)大さじ2(分量外)を入れ和えてください。合わさったら1をかけ回し、ザックリと和えておいてください。

4.流水麺を洗い器に盛り、その上に3を盛り付け、めんつゆを注いだら出来上がり!
5.すだちとアボカドを飾るように添えると、なおヨロシです。
ポイント
市販の流水麺そば(シマダヤ)とヤマサのそうめんのつゆ(ストレートタイプ)がオススメです。
ニンニクは丸ごと一欠片を調理することで臭みがなくなります。