或る日の情景~晩ごはん34

晩ごはん34〜父が愛した目玉焼き丼。

御飯に忍ばせた一欠片のバターと、味付けはウスターソースとゴルゴンゾーラにブラックペッパー。亡父は自他ともに認める通人で、私は大いにアコガレた存在でしたが、この目玉焼き丼も眼からウロコでした。一般的には池田満寿夫氏の名著『男の手料理』での目玉焼き丼が有名ですが、私にとっては父の目玉焼き丼が絶対無比!昭和1桁生まれの父が大切にしていた洋食への想いがヒシヒシと感じるとても美味しいレシピです。

食材
食育御飯1杯(白米でも玄米でも五穀米でも…)、卵2ヶ、オリーブオイル大さじ2、バター一欠片(10〜15g)、ウスターソース適量、ゴルゴンゾーラとブラックペッパーは好きなだけ。

作り方
1.丼に御飯を盛付け、真ん中に凹みを作ってバターを忍ばせ、ゴルゴンゾーラを散らしておきます。

2.フライパンにオリーブオイルをしき卵を割り入れ中火にかけ目玉焼きを作ります。

3.目玉焼きの白身外枠がバシバシいって焦げ目ができてきたら火を止め1にのっけマス。
4.あとはお好み量のウスターソースをかけ回し、ブラックペッパーをタップリふりかけたら出来上がり。
グッちょ、グッちょとかき混ぜ、ワッシ、ワッシと頬張ればたまらなく美味しい一品です。

或る日の情景~前菜11

前菜11〜サーモンのアボカド握り
「なんだコレ?」と云わせたらこっちの勝ち!コレはウケ狙いのレシピです。
食材
サーモン(お刺身用)(食べたいだけ)、アボカド100g、玉ねぎのみじん切り大さじ1、プレーンヨーグルト(無塩)小さじ1、塩麹小さじ2、マヨネーズ大さじ1、レモン果汁適量、デイル適宜、塩・胡椒適宜
作り方

1.サーモンはそぎ切りにします。幅4cm長さ8cmくらいに切ってください。2.ボールにアボカド以下、全部食材を入れてマッシュしてください。

3.味が弱かったら塩・胡椒で味をキメてください。
4.お皿にお寿司のシャリのような形に盛り付け、サーモンをのせます。お好みでレモン果汁、ディルをふりかけたら出来上がり。美味しいです!