scene-chapter1-23

オヤジの情景~chapter1-23
私は体育の授業では自重することにしたが、部活では胸元が黒くクスみ、ボロボロになるまでフライングレシーブを連発した。
そして脚光を不動のものにした。
 
女子は私にカンセイを挙げた。
男子は私にウンザリした。
私はこの頃から自我が目覚め、スルドク色気づいてゆく、、。
なにせ、、。
女子同級生からは『カッコイイ』、
女子上級生からは『カワイイ』と、ンまぁ、、向かうところ敵無しであった。
オレってモテるんだゼェイ!と勘違いしても仕方のないことであろう。
なにせ生まれて初めて脚光を浴びたのだから、、。
しかも周りの女子は刻々と美しくなってゆく。
小学生時代の女子は、単なるケンカ相手だったが、中学生になると、ソレが異性になるのである。
ソコハカトナク男になりつつある私は、当然のごとく色気づくのである。
さらに部活の方でも、異変が起きた。
どうしたわけか良い塩梅に、部員が辞めていってしまい、なんと(9人制だが)私はレギュラーの座を獲てしまったのである!
ヒトというのは波に乗って勢いづくと幸運が重なる。
私はこうしたことを現在までに3度ほど経験したが、その最初の経験は、あきらかにこの頃のこの時のことである。
だが、『勢いづく』ということは、『いい気になる』ということでもある。
もちろん、この頃はソレがわからない。
また、『いい気になる』ということは『無礼になる』ということである。
私は『穴があったら入りたい』と思うことの多い男だが、その始まりはアキラカに、この頃であった。
もちろん、この頃にソレがわかるはずもない。
私は女子からの人気は上がったが、男子からはサンザンな評価をくだされていった。
私は今でも友達の少ない男だが、その片鱗はこのあたりからであろう。
だが、最低最悪なバカ野郎にはギリギリでならずにすんだようだ。
それは紛れもなくバレーボールのおかげである。
スポーツは、とても大切なことを教えてくれる。
私はその多くを先輩達から教わり、同級生から教わった。
そして秋になった頃、
私はスッカリご無沙汰していたギターと運命的な再会をする。
それは我が中学校に、文化祭シーズンやって来て、
色気づいた私にスルドク刺激を与えたからに他ならない。
続く。

滋養を注入!野菜のスープ

滋養を注入!野菜のスープ
甥っ子の奥様の実家から頂いた野菜シリーズ第四弾!
夫婦二人暮らしなので、たくさん頂いた野菜はイロイロ工夫してストックしながら食べるのがとても楽しいデス。
今回は野菜のスープ!ベースとなるスープをタンマリ作って常備して、毎食のスターターにします。
野菜をスープやお味噌汁にして、汁ごといただくのは滋養摂取の常套手段!さらには血糖値の急上昇を避けて、ダイエット効果も狙っていこうというコンタンです。
お家で一番大きな鍋で作ります。
1週間分、冷蔵保存します。
食材
キャベツ1ヶ、大根1本、玉ねぎ1ヶ、カットトマト缶2ヶ、レモン塩小さじ1、水適量、パセリ適宜
○だし昆布10gくらい、干し椎茸3ヶくらい、きくらげ5gくらい
作り方
1.下ごしらえします。大根は根のトコロはらん切り、葉のところはざく切り、玉ねぎは一口大に、キャベツは手でちぎります。キャベツの芯は捨てないでつかいます。

2.鍋に大根と○を入れ、ヒタヒタ程度に水を入れ、中火にかけます。

3.沸騰する直前にキャベツの芯、玉ねぎを投入してください。

4.再び沸騰しかけたら、種火にして、30~40分煮込んで下さい。時間になったら干し椎茸ときくらげを一旦取り出し、食べやすい大きさにカットして下さい。
5.4.にカットトマト、干し椎茸、きくらげを投入、鍋いっぱいになる程度の水を加えて弱火で30~40分煮込んで下さい。

6.時間になったら、レモン塩、キャベツ、大根の葉を投入、種火で1時間煮込んで出来上がりです。
パセリを散らすとちょっとオシャレです。
味が弱かったら塩・胡椒できめて下さい。
常温に戻してから冷蔵保存してください。

野菜の滋養が溢れたスープを、丸々頂いく身体に良いことイッパイの野菜スープです。
レモン塩がない場合はお塩でOKです。

麗しの絹さやと鶏ささみの卵とじ

麗しの絹さやの卵とじ
甥っ子の奥様の実家、福島県田村市大越から頂いた絹さやをいただきます。
絹さやは緑黄色野菜です。
βカロテンを沢山摂取できる野菜です。
活性酸素を抑え動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病に効果が期待できます。
また、ビタミンC、B1やB2、食物繊維が豊富で、必須アミノ酸のリジンも含んでおり 皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ効果や整腸効果が期待できます。
食材
絹さや150g、卵3個、鶏ささみ3本
○食育水出汁70cc、本みりん大さじ2、蜂蜜小さじ1/2、食育醤油大さじ2、塩・胡椒適量
作り方
1.絹さやは筋をとっておいて下さい。ささみは鍋に水を入れ沸騰したら投入、すぐ火を止めてそのまま5分放置し、とりあげて手で割いておいて下さい。

2.フライパンに○を投入、煮立たせてから絹さやと鶏ささみを入れて煮て下さい。絹さやがやわらかくなったら卵をといて流し入れ、半熟の状態で軽くかき混ぜたら出来上がりです。味が弱かったら塩・胡椒できめて下さい。

*食育醤油がない場合は薄口醤油でOKです。
*食育水出汁がない場合はお水でOKです。